physics

宇宙旅行のブレイクスルーきた!? 爆轟を利用した回転デトネーション・エンジンが改良される (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.02.23 Sunday

実験用回転デトネーションエンジンの開発

1枚目の画像
Credit:James Koch

しかし、回転デトネーションエンジンにも問題点があります。それは爆轟の出力を均一に保ちながら、回転を持続させるという安定性が実現できていない点です

音速を超える爆発とその衝撃波の利用では、当然、エンジンを安定させることが難しかったのです。

こうした課題をクリアできない原因の1つは、回転デトネーションエンジンのメカニズムに対する理解不足があります。

そこで今回の研究チームは、エンジンの挙動を理解するための実験用回転デトネーションエンジンを開発しました。

実験用回転デトネーションエンジンはシリンダー間のギャップのサイズ変更など様々なパラメータを制御することが可能です。

爆轟プロセスも記録できるようになっており、実際に爆轟時の運動を240,000フレーム/秒で記録することが可能です。

2枚目の画像
回転デトネーションエンジンのスローモーション映像/Credit:James Koch

こうして作られたスローモーションビデオから、研究チームはエンジンの安定性を調査するための数学モデルを開発しました。

ワシントン大学の応用数学教授であるJ・ネイサン・カッツ氏は、この数学モデルを「回転デトネーションエンジンの多様で複雑な動力学を示すことができる現状唯一のモデル」と称しています。

回転デトネーションエンジンが完成するなら、ロケットを効率よく宇宙へと運べるようになるでしょう。

GE Researchは、回転爆轟エンジンを搭載した航空機が短時間の移動を可能にするとも主張しています。

推進剤なしで光速度の99%を出せるエンジン、NASAの技術者が考案

reference: zmescience / written by ナゾロジー編集部 / Edited by KAIN

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!