今まで発見された小惑星とニューヨーク市を比較したら圧倒された

geoscience

Credit:MetaBallStudios-YouTube Channel
point
  • 3Dアニメーターによって、太陽系にある小惑星とニューヨーク市を比較したビデオが制作された
  • 60メートル幅の小惑星が地球と衝突するなら、原子爆弾の1,000倍の影響を与える

宇宙空間は私たちの想像を超えるほど広大です。最も身近な太陽系でさえ、その規模をイメージするのは難しいかもしれません。

太陽系にある小惑星の大きさを十分に理解することで、宇宙の規模を実感できるかもしれえません。

MetaBall Studiosの3Dアニメーターであるアルバロ・グラシア・モントーヤ氏は、小惑星をニューヨーク市と比較するビデオを作成しました。

このビデオを見ると、小惑星が隕石となって地球に落ちてきたときの危険性も予測できそうです。

詳細は、モントーヤ氏MetaBall Studiosのyoutubeチャンネルで公開されています。

小惑星とニューヨーク市を比較

ニューヨーク市と小惑星。4m〜5.8kmまで。全部がめちゃくちゃでかい / Credit:MetaBallStudios-YouTube Channel

モントーヤ氏は、「私のチャンネルはサイズ比較に特化しています。小惑星に関するビデオがほとんど無かったので、小惑星を作るのは良いアイデアだと思いました」と語っています。

しかし作成には大きな労力が必要で、「プロジェクト完了には1ヵ月近くかかりました」とのこと。

今度は1,000km台の大物も。宇宙の規模を感じる/ Credit:MetaBallStudios-YouTube Channel

ニューヨークに小惑星が落ちたケースをシミュレート

トラックさえこの無力感 / Credit:MetaBallStudios-YouTube Channel

ビデオで紹介された小惑星たちが、実際に地球に衝突したらどうなるのでしょうか?

NASAは以前、60メートル幅の小惑星がニューヨーク市に落ちた時のシミュレーションを行ないました。

シミュレーションの結果、隕石は原子爆弾の1,000倍の力を持っていることがわかりました。セントラルパークからマンハッタンに至る建物をすべて破壊し、最大130万人が死亡します。

60メートル幅の小惑星衝突から予想される損害ゾーン。内側の赤いゾーンでは「生存不能」です。オレンジゾーンでも、ほとんどの住宅が崩壊します。 /Credit:NASA

さらにこのシミュレーションは、ワシントンで行われた惑星防衛会議で取り上げられたとのこと。

専門家によると、「隕石の落下を8年前に予測できれば、小惑星を打ち落とし、都市の破壊を回避できるかもしれない」とのこと。

私たちが太陽系にある小惑星の規模を把握しているなら、将来の危険性にも敏感になり、大惨事の防止に繋がるでしょう。

金星や土星から見える太陽はこんな感じ

reference: boredpanda / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG