スター・ウォーズをイメージした腕時計のオークションが開催! 落札金は新型コロナウイルス対策へ

product 2020/05/11

credit: URWERK

2020年5月4日、スター・ウォーズの日に作中に出てくるドロイド(ロボット)「C-3PO」をモデルにした腕時計が発表されました。

スイスの独創的な時計ブランドURBERK(ウルベルク)は高級腕時計「URWERK100 GOLD EDITION “FIGHT-C19″(以下、UR-100)」の販売を告知。商品名に書かれている通り「新型コロナウイルスとの戦い」を支援する目的で作られたそう。

この腕時計は25本限定で、5月8日午後4時(現地時間)から5月10日午後4時までオークションにかけられます。

オークションの落札金を新型コロナウイルスと戦っている慈善団体に寄付することで、新型コロナウイルス撲滅を支援するようです。

見た目からはあまりスターウォーズらしさを感じませんが、どこらへんがC-3POなのでしょうか?

URBERKのコンセプトはSF

URBERKの創始者マーティンフライ氏の父は、NASAアポロ計画に使われた月面探査機の設計者でした。

幼少期から父の影響を受けたマーティン氏は、自身の腕時計作りのテーマとしてSFを掲げています。

今回、オークションにかけられるUR-100は、宇宙の時間、回転、軌道という3つの要素を表現しているそう。また、時計のケースには18Kのイエローゴールドが使われ、つや消し仕上げがされています。マーティン氏は、スターウォーズに出てくるC-3POからその色を着想したようです。

C-3PO / credit: Pixabay

たしかに、実物と比べるとほぼ同じ色と言えそう。

また、他にもスターウォーズをテーマにした要素が時計に盛り込まれています。

credit: URWERK

例えば、金色をしているケース。八角形をしているのですが、革ベルトの固定部に注目すると、上部と下部で形が違います。

実は、この上下非対称な形、スター・ウォーズの登場人物ハン・ソロが乗る宇宙船「ミレニアム・ファルコン」を模しているそうです。

実物のミレニアム・ファルコン / credit: スターウォーズ公式

確かにUR-100とミレニアム・ファルコンは、その特徴的な形が一致しています。

時刻の読み取り方が独創的

UR-100の独特な文字盤は、宇宙の回転を表していて、緑色の数字が書かれた3つの小さな円が、ガラスの中を時計回りに回ります。小さな円の中で緑の数字が示す数が現在の時刻です。

時刻がパッ見わからない… / credit: URWERK

さらに、時計下部には分表示が刻まれていて、小さな円についた赤い矢印がその時刻での分を表します。

つまり、上の写真では9時15分を表しているわけです。

購入方法はオークションのみ

スター・ウォーズをイメージしたUR-100は、こちらのサイトからのオークションでのみ購入できます。

オークションは5月8日午後11時(日本時間)から5月10日午後11時まで行われ、得られた収益は全額新型コロナウイルス対策に充てられるそう。

この時計を落札するには、多くのお金が必要だと思いますが、新型コロナウイルス撲滅への一助となるなら、気持ちよく入札できそうです。

どこまでもブラック!高級腕時計「ウブロ」と日本人デザイナーが真っ黒な時計を発売

reference: SHOUTS / written by shuni

あわせて読みたい

SHARE

TAG