全てのサラブレッドのスピード遺伝子は1頭の英国ウマ娘に由来する
全てのサラブレッドのスピード遺伝子は1頭の英国ウマ娘に由来する / Credit:Canva
biology

全ての「サラブレッドのスピード遺伝子」は1頭の英国ウマに由来している

2021.05.06 Thursday

Thoroughbred Racehorses Get Speed from Just a Few Ancestors https://www.livescience.com/18084-racehorse-speed-gene-traced.html
The genetic origin and history of speed in the Thoroughbred racehorse https://www.nature.com/articles/ncomms1644

遺伝子を知るものは競馬を制するようです。

近年になってサラブレッド競走馬の遺伝子解析が進み、遺伝子によって最適なレース距離が存在することが明らかになってきました。

特に重要となるのは「スピード遺伝子」と「持久力遺伝子」です。

例えば、スピード遺伝子を多く持つ馬の場合、1000m~1600mの短距離走において無類の強さを誇る一方で、2400mのレースで優勝できる可能性は極めて低いことが統計的に明らかになっています。

そのため、馬の遺伝子を調べることで、レースの結果を高い精度で予測することが可能になっています。

しかし意外なことに、かつてサラブレッドの先祖たちの中に「スピード遺伝子」を持つ馬はおらず、全てが持久力遺伝子をもっていたことが『Nature Communications』に掲載された論文で明らかになりました。

スピード遺伝子はいったいどこからサラブレッドの血脈に入ったのでしょうか?

全てのサラブレッドのスピード遺伝子は1頭の英国ウマに遡る

300年前に英国に存在したメス馬がサラブレッドの血脈にスピード遺伝子を与えた
300年前に英国に存在したメス馬がサラブレッドの血脈にスピード遺伝子を与えた / Credit:Cygames

スピード遺伝子について語るにあたって、まず「スピード遺伝子とは何か?」という点について知っておく必要があります。

実はそんなに難しい話ではありません。

馬の筋肉の発達に決定的な影響を及ぼす遺伝子の、「塩基配列」の一部がT(チミン)である場合は持久力遺伝子となり、C(シトシン)である場合はスピード遺伝子になるというだけの話になります。

塩基配列とは、遺伝子中のDNAを構成する塩基、A(アデニン)T(チミン)G(グアニン)C(シトシン)の並びのことで、この並びを組み替えることで遺伝情報を保存しています。

塩基配列は非常にデリケートな存在であり、たった1文字の違いが生物の容姿や能力を大きく変えることがあるんです。

さて、今回問題となるのは、スピード遺伝子がどのウマから遺伝して来たのかです。

現代のサラブレッドは17世紀の終わりから18世紀のはじめにかけて生きていた3頭のオス馬のいずれかを祖先にすることが知られていますが、不思議なことに、これら3頭にはスピード遺伝子の痕跡がみられないことが判明しました。

一方、サラブレッドの先祖は17世紀を境にして、異種の馬との交配を行わなくなっていたことが記録から判明しています。

この結果は、現在から300年前、サラブレッドの血統が外部に対して閉じられる直前に、1頭の異種のメス馬によって、スピード遺伝子が血統内部に加わったことを示します。

どうやらスピード遺伝子は、サラブレッドの先祖のオス馬が、地元のメス馬と恋に落ちた結果受け継がれたようなのです。

このスピード遺伝子はどのように競馬界に影響してきたのでしょうか

次ページ遺伝子型ごとの最適距離

<

1

2

3

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!