実際の爆弾はメラメラとした炎は発生しない?
実際の爆弾はメラメラとした炎は発生しない? / Credit: youtube
physics

ホンモノの爆弾が映画のように「ド派手」に爆発しない理由とは?

2021.04.02 Friday

This Is Why Real Explosions Don’t Look Like Those in Hollywood Movies https://interestingengineering.com/video/why-real-explosions-dont-look-like-hollywood-movies

ハリウッド映画にはよく、ド派手な爆発シーンが登場します。

そこでは必ず、空気を震わす爆発音に、急速に広がる炎の雲、オレンジ色に燃えるメラメラとした残り火が見られます。

「しかし、実際の火薬はそのようには爆発しません」と言うのは、イギリスの科学YouTuberのトム・スコット氏(チャンネル:Tom Scott)です。

映画の撮影では、爆発がド派手に見えるようにある工夫をしているのだとか。

一体、どんなトリックを使っているのでしょうか?

爆発シーンをド派手にするには?

動画の最初にスコット氏が爆発させたのは、1キロの「セムテックス爆弾」です。

その爆発は音がカラッと乾いており、灰の煙がパッと広がるだけで、メラメラとしたオレンジ色のは残りません。

セムテックスは、かつてのチェコスロバキア共和国(現・チェコ共和国)で開発された高性能プラスチック爆弾のひとつです。

廃ビルの破壊や軍事利用もされましたが、セムテックスはおもにテロ利用で有名となりました。

探知が難しいことや、比較的容易に手に入り、加工もしやすいこと、さらにわずか250グラムで飛行機を爆破できる性能からテロ使用に拡大し、今では「テロリストのC-4」と呼ばれます。

1キロのセムテックス爆弾

セムテックスは「ペンスリット(PETN)」という高性能爆薬をベースにしており、威力や殺傷能力を重視したものです。

ペンスリットは、熱に対して鈍感で、自然分解しにくく、爆発威力が強いといった特徴をもち、軍事用に利用されます。

そのため、視覚的には地味なくせに威力だけが非常に強いという、映画にはまったく不向きな爆薬なのです。

撮影には液体燃料を使用

そこで映画の撮影では、セムテックスの使用は論外で、威力の弱い爆薬を使います。

爆発物専門家のスティーヴン・ミラー氏によると「よく使われるのは、ケロシン、ペトロール、ディーゼルなどを混ぜた液体燃料」とのこと。

ペトロールなどの液体燃料は、着火した火を取り込むように広がるので、黄色い炎や黒煙が大きな視覚効果を生みます。

それをプラスチックバッグの中に入れて、複数並べたモルタル製ポッドの前に別個に貼り付けます。

モルタルを背中合わせに並べて盾にすることで、燃料を爆発させたい方向に飛ばすこと、つまり形の安定したキレイでド派手な爆発が可能になるのです。

並べたモルタルに燃料をセット

また、カメラに映らない場所には燃料を置きません。

例えば、カメラに向かって、前方と左右には燃料をセットしますが、その奥側は不要です。

そして最も大事な点は、遠距離から点火するためのセッティングです。

誰かがシーンごとにマッチで火をつけていては、撮影の度に死人が出てしまいますからね。

コードをもつミラー氏

ミラー氏によると、モルタルには、燃料とは別の点火薬(だいたい10グラム以下)をパックにしてセットしておくとのこと。

点火薬にはプラスチック製のコードがつながれ、その中心部には火をリレーできるように少量のPETNがまぶされています。

あとは安全な場所からスイッチを押せば…

5枚目の画像

6枚目の画像

ハリウッド式のド派手な爆発の完成です。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!