4秒運動の繰り返しは1時間のランニングよりダイエット効果があると判明

life 2020/05/16
Credit:depositphotos
point
  • 一日160秒の運動で大きな健康改善効果が認められた
  • 一回の運動時間は僅か4秒だが、全力が求められる
  • 脂肪分解量は1時間のランニングよりも多かった

新型コロナウイルスの蔓延により、多くの人が運動不足に陥っています。

そこで研究者たちは「効果が出る最小の運動時間と運動方法」を調べることにしました。

そして様々な試行錯誤を繰り返した結果、効果アリと判断できる最小の運動形態が見つかったようです。

新しく開発された運動プログラムを実践すれば、一日たった160秒の運動で効果が出るとのこと。

いったいどんな運動なのでしょうか?

4秒間は全力運動が望ましい

4秒は全力/Credit:depositphotos

今回開発されたプログラムは、4秒の全力エアロバイク漕ぎと45秒の休憩を1セットとしています。

参加者はこの運動を1時間ごとに5セット行い、8時間の間に計40セット繰り返しました。

一日の合計運動時間は160秒(4秒×40セット)と短かく、究極の時間節約ではありますが、4秒間は全力である必要があるために、ラクチンかどうかは人によるでしょう。

しかし効果は絶大でした。

160秒の運動を終えた翌日に、参加者の血中のトリグリセリドと脂肪酸化量を測定。トリグリセリドは多すぎると様々な生活習慣病を引き起こす中性脂肪の一つなのですが、160秒の運動を行った翌日には31%も減少し、体脂肪の分解量を示す脂肪酸化量は45%も増加していました。

この成果は、一日1時間のランニングよりも大きなものです。

1時間ごとの頻繁な全力運動が苦痛でなければ、ランニングではなく、こちらの運動を選んだ方が効率的にダイエット効果できるでしょう。

さらなる時間短縮を目指す

究極の時間節約運動の探索は続く/Credit:depositphotos

研究者たちは、今回開発された運動を行うことで、座りっぱなしでいるリスクを帳消しにできる可能性があると考えています。

なお、実験ではエアロバイクが使われていましたが、同じように全力で挑めるなら階段の上り下りなど、他の運動でも可能とのこと。

研究者は今後、研究の成果を元に、運動の方法や継続時間を調整して、さらに最短の効果が出る運動を追求するようです。

一日160秒の運動でもすでに短いと言えるでしょうが、さらなる成果が待ち望まれます。

研究内容はアメリカ、テキサス大学のウルフ・アンソニー氏らによってまとめられ、3月30日に学術雑誌「Medicine & Science in Sports & Exercise」に掲載されました。

脳と体の両方に効くベストな運動方法が明らかに「有酸素運動を25分」

【編集注 2020.05.18 09:40】
タイトルを一部修正して再送しております。
reference: dnyuz / written by katsu
あわせて読みたい

SHARE

TAG