レゴで再現した「テンセグリティ」構造
レゴで再現した「テンセグリティ」構造 / Credit:JK Brickworks
physics

宙に浮いてる!?「テンセグリティ構造」の不思議な仕組み

2021.04.29 Thursday

twistedsifter https://twistedsifter.com/2020/05/diy-lego-tensegrity-sculpture-tutorial/

一見、宙に浮いているように見えるこの構造物。

これはレゴブロックのカスタムモデル設計を手掛けている「JK Brickworks」が、「テンセグリティ」構造を利用してつくったものです。

実はこの不思議な構造は、世界中のあらゆるところに存在すると考えられており、その分野は自然界や人体にまで及びます。

テンセグリティの「無重力」の秘密は一体何なのでしょうか?

テンセグリティ構造とは

1枚目の画像
Credit:JK Brickworks

テンセグリティ(tensegrity)とは、「Tension(張力)」と「Integrity(統合)」の造語です。

一般的な構造物とは異なり、圧縮材(ブロック)が互いに接続されておらず、張力材(チェーン)とのバランスによって成立しています。

張力材には非常に細いものを使用可能なため、「宙に浮いている」ような構造物を作成できます。

テンセグリティの大きな特徴は、「少数の材料でも安定した立体が成立する」点です。そのため、剛性を維持しながら軽量化することも可能です。

また、圧縮材を組み合わせた構造物とは異なり、弾力性を持ちます。ですから、一部に力が加わったときに、構造物がたわむことで衝撃を緩和させることもできるのです。

次ページテンセグリティ構造の不思議な仕組み

<

1

2

3

>

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!