medical

1人の感染者から合唱団の87%が新型コロナウイルスに感染した事例が報告される

2021.01.27 Wednesday

2020.05.13 Wednesday

1枚目の画像
たった1人の感染者が2時間半の合唱練習でその場にいたほぼ全員を感染させた/Credit:cdc
point
  • 僅か2時間半の合唱練習で参加者のほとんどが新型コロナウイルスの攻撃に晒された
  • 5人に1人は超拡散能力を持つ可能性がある
  • 咳があるかないかを感染の指標にするのは危険

新型コロナウイルスは強い感染力を持っていることが知られていますが、その威力を端的に示す事件が起きてしましました。

たった1人の感染者によって、僅か2時間半の合唱練習で、同じ場所で歌っていた他のメンバーのほぼ全員(87%)を感染、または感染した可能性の高い症状を発症させました。

3密を完璧に備えた場所がいかに危険なのか、改めて教えてくれる事例です。

危険を無視した合唱練習

2枚目の画像
大きな声で歌う程、エアロゾル(飛沫)は多く拡散する/Credit:depositphotos

問題の合唱が行われたのは3月10日で、新型コロナウイルスの危険性は既に知られていたはずでした。

しかし合唱団はリスクを無視し、感染者1人を含む61人を集めて二時間半の練習を実施。

結果としてほぼ全員(60人中53人)に感染確定(33人)かコロナウイルス特有の症状を発症(20人)させ、3人が入院し、2人が死亡しました。

合唱の練習に参加した人の平均年齢は69歳(84%が女性)であり、高い平均年齢も被害の増加につながった可能性があります。

今回の痛ましい事件は、改めて社会的距離の重要性を浮き彫りにしました。

次ページ5人に1人は超拡散能力を持つ可能性がある

<

1

2

3

>

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!