時速400 kmで矢を放つ「最速」のステルスクロスボウが登場

product

credit: CenterPoint Archery

FPSなどのシューティングゲームで、よくマニアックな武器として登場する「クロスボウ」。

日本ではあまり実物を見ることはありませんが、その最新版が現在アメリカで話題になっています。

米ニューヨークに本社を置くCENTER POINT ARCHERYはクロスボウ「Sniper Elite 370」を発売中。名前の数字が示すように、秒速370フィート(約時速400 km)で矢を射出できます。

アサルトライフルのような見た目をしたクロスボウが、過去に何個か発売されていますが、時速400 kmで矢を射出するものはありませんでした。

さらに、最速のクロスボウSniper Elite 370には、速さ以外にも「最強」な部分があるようです。

最速のステルスショット

credit: CenterPoint Archery

狩猟の手法として猟銃が普及している現代で、あえて弓を使うメリットは音が出ない点にあります。

発砲音で動物に逃げられてしまうことを考えれば狩猟での射撃はクロスボウの方が有利。そして、最速のクロスボウSniper Elite 370はその静音性も優秀です。

ちなみに、日本ではクロスボウを所持することは禁じられていませんが、狩猟で用いることは法律で禁じられているので、ご注意ください。

Sniper Elite 370がどのように静音性を高めているのかというと、矢の射出音の原因である弦と弓の振動を抑えているようです。

下図のように弦の振動を止めるストッパーなどが組み込まれています。

赤丸が弦のストッパー / credit: CenterPoint Archery

人が握りやすい形と重さ

credit: CenterPoint Archery

Sniper Elite 370は軽量アルミニウムを素材に使っていて、重量が7.9ポンド(約3.6 kg)と軽量。付属のグリップ部分は人体工学に基づいた握りやすいものを採用し、スムーズな照準が可能です。

また、安全装置や糸の摩擦による火災を防ぐ機能が搭載されていて、簡単かつ安全に扱えます。

Sniper Elite 370は、日本への配送は行われていませんが、CENTER POINT ARCHERY社の公式サイトより約38,000円(349.99$)で購入できます。

性能は最強のクロスボウですが、価格は結構お買い得なんですね。

ぬるぬる動く!進化したロボット犬「Unitree-A1」は速度2倍&重さも5kgに軽量化

【編集注 2020.05.27 11:00】
記事内容を一部修正して再送しております。

reference: MAXIM / written by shuni

あわせて読みたい

SHARE

TAG