「白髪」が元に戻る! 髪はストレスの有無によって色を変えることが判明

life

Credit:bioRxiv(文字はナゾロジー編集部記入)
point
  • 人間の髪はストレスが増えると白髪化し、減ると再色素化される
  • 発見のヒントになったのは再色素化された痕跡が残る縞模様の髪だった
  • 白髪化のメカニズムが解明されれば、アンチエイジンク薬の開発にもつながる

ギロチンでの処刑を宣告されたマリーアントワネットは、ストレスで髪を白髪化させたと言われています。

新しく行われた研究のプレプリントで、人間の毛はストレスによって白髪化する一方で、脱ストレスすることで色が戻ることが示されました。

これは既存の「一度白髪になったら戻らない」とする説に反する結果です。

また今回の研究が正しければ、白髪化と再色素化を制御している因子が全身の皮膚中に存在することになります。

その因子を刺激する薬剤を開発すれば、薬によって白髪を元の色に戻すこもできるようです。

「飲む白髪染め薬」はどこまで現実に近づいているのでしょうか?

白髪は一斉に元の黒髪にもどれる

 

発見は必然の上にある偶然によって行われた/Credit:bioRxiv(文字はナゾロジー編集部記入)

これまでの白髪の研究では、白髪化する過程を調べることが主でした。

白髪化しつつある毛は、先端部分に色があるものの、新しく毛が作られている根本付近では白くなっています。

しかし研究者は様々な毛を調べる中で偶然、逆パターンである「先端が白く根本に色がある毛」を発見します。

このような逆パターンの毛は、一度白髪になった毛が再色素化されなければつくられません。

興味をもった研究者はボランティアから頭髪をはじめとした様々な部分の毛を集め、詳細な分析をはじめました。

白髪化も色素化も異なる頭部で同時に複数が進行する/Credit:bioRxiv(文字はナゾロジー編集部記入)

分析を行った結果、白髪化と色素化は何らかの因子によって、発生時期が連動していることがわかりました。

上の図では、白髪化、あるいは色素化している毛が、それぞれほぼ同じ時期に変化を開始したことを示しています。

また意外なことに、色素化は白髪化よりも早く進行することが示唆されました。

もし白髪化や色素化を体全体でコントロールする因子が発見できれば、白髪染めに頼らない、根本的な白髪治療薬ができる可能性があります。

白髪から黒髪への復帰の鍵はストレス解消

ストレスがなくなると白髪が消えた/Credit:bioRxiv(文字はナゾロジー編集部記入)

次に研究者は、白髪化や色素化にストレスが本当に関係しているのかを確かめるために、毛を提供してもらったボランティアにストレスにかかわるアンケートが行いました。

鍵となったのは、上の図の右に示すように「有色・白・有色」のパターンを示した毛です。

仮説が正しければ、ボランティアが感じたストレスと毛の色のパターンは一致するはず。そして、実際に分析を行った結果、ストレスの時期と毛のパターンは一致しました。

参加者の白髪化はストレスによって引き起こされ、色素化は脱ストレスによって起きていたのです。

老化のプロセスも停止または逆転できる

白髪が元に戻る事実は、少なくとも部分的に老化が逆転し得ることを意味する/Credit:bioRxiv(文字はナゾロジー編集部記入)

毛の白髪化は老化の最も明白なマーカーであり、哺乳類で広くみられる現象です。

ですが今回の研究によって、人間の老化は全身が共通したタイムラインに乗った不可客的な現象ではなく、少なくとも部分的には停止させたり逆転させられることが示唆されました。

そのため白髪化と色素化のメカニズムが解明されれば、身体中の全ての毛に対するアンチ白髪薬が開発可能であるだけでなく、不老化薬にもなる可能性があります。

もしかしたらこの白髪の研究が、人間の老化現象を深く理解するきっかけになるかもしれませんね。

研究内容はアメリカ、コロンビア大学のアイレット・ローゼンバーグ氏らによってまとめられ、5月19日に論文のプレプリントを掲載する「bioRxiv」に投稿されました。

Human Hair Graying is Naturally Reversible and Linked to Stress
https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.05.18.101964v1.full

ハゲにさよなら。クローン技術と3Dプリンタで「毛髪」を生み出す最新技術

人に会えなくなった水族館の魚たちに次々と「うつ症状」が出始める

reference: NewScientist / written by katsu
あわせて読みたい

SHARE

TAG