biology

2021.01.27 Wednesday

2020.06.14 Sunday

万能細胞から擬似的なヒト胚を造ることに成功! 命の宿っていない”初期胎児”を再現できる (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

「重いものと軽いものが同時に落ちるのはなぜ?」重力の不思議な性質を解説!

前ページガストロイドの作成過程

<

1

2

>

ガストロイドは禁断の人体実験の素材になる

1枚目の画像
青はDNA、赤紫は神経細胞、緑は中胚葉細胞を示す/Credit:nature(文字はナゾロジー編集部が記入)

先に書いたように、多くの国では受精卵を14日齢以上培養されることが法律で禁止されています。

しかし受精過程を必要としないまま成長するガストロイドを使用すれば、法律の制限を突破することが可能になり、ヒトの発生・発達を自由に調べられるようになります。

またガストロイドを薬の効き目などを調べる実験体とすることで、薬が胎児にどのような影響を与えるかを調べることもできるでしょう。

万能細胞の遺伝子を事前に組み換え、優れた形質を導入することで、優れた遺伝子を持つガストロイドも作れるほか、意図的に遺伝子を破壊することで、遺伝病の研究材料にすることも可能です。

ですが、この技術は潜在的に、受精に依存しない人体を作成可能にするものです。

そのため「ヒト受精卵だから尊い」という既存の概念を変える必要にを迫られるかもしれません。

ガストロイドが完成した今、何を「生命」とし尊び、何を「物」として扱うのか、考える時間はもう残されていないようです。

An in vitro model of early anteroposterior organization during human development
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2383-9

iPS細胞から培養した「ヒト肝臓」をラットへ移植することに成功! ドナー不足問題に明るい兆し

ハゲ治療に革命が! iPS細胞から「髪が生えた皮膚」を作ることに成功

reference: sciencedaily / written by katsu
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!