ヒトの心臓を3D印刷で作成することに成功! 細胞を材料に心臓のはたらきを再現
ヒトの心臓を3D印刷で作成することに成功! 細胞を材料に心臓のはたらきを再現 / 3D印刷技術によって作られた複雑な内部構造と電気的な同期を備えた最初の心臓/Credit:Circulation Research
biology

ヒトの心臓を3D印刷で作成することに成功! 細胞を材料に心臓のはたらきを再現 (3/3)

2024.06.20 Thursday

2020.07.18 Saturday

前ページ心筋細胞は同期して液体を循環させられる

<

1

2

3

>

この技法を使えば理論上、全ての臓器が印刷できる

画像
作成された心臓は血液の入口と出口を持ち、内部には2心房2心室を備える/Credit:Circulation Research

今回の研究で作られた心臓のマウスの心臓と同じくらい大きさ(1.5cm)に設計されていました。

研究者は今後、この印刷された心臓をマウスの血管系と繋ぐことで、生体内でも心臓として働くかを確かめる予定です。

そして最終的には、3D印刷技術により作成された人工臓器(オルガノイド)を、臓器移植のスタンダードにするとのこと。

もし今回の成果がヒトの細胞を材料にした、脳の3D印刷へと応用できる場合、既存の脳オルガノイドよりも高密度の神経細胞を持った、より大きなヒトの脳を印刷可能になります。

さらに細胞の分化過程を制御できれば、小脳から大脳皮質まで供えたより完璧な脳となります。

また3D印刷によって自在に組み立て可能な心筋細胞は、工学の分野でも様々な応用が可能でしょう。

今回は心臓の形が作られましたが、将来的にはバネのような金属部品の代替にもなるかもしれません。

研究内容はアメリカ、ミネソタ大学のMolly E. Kupfer氏らによってまとめられ、5月31日に学術雑誌「Circulation Research」に掲載されました。

In Situ Expansion, Differentiation, and Electromechanical Coupling of Human Cardiac Muscle in a 3D Bioprinted, Chambered Organoid
https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/CIRCRESAHA.119.316155

ヒトの脳を進化させた「知恵の実」遺伝子が、サルの脳を巨大化させると判明

reference: sciencedaily / written by katsu
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

<

1

2

3

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!