10歳の少年が金属探知機で「300年前の名刀」を掘り当てる。これぞビギナーズラック!(英)

history_archeology

フィオナン・ヒューズくん(10)/Credit: BRIAN QUINN/CLONOE GALLERY

誕生日に金属探知機をもらった少年が、その初回に約300年前の名刀を発見するという、とんでもないビギナーズラックが起こりました。

剣を見つけたのは、北アイルランド・ティロン州在住の少年フィオナン・ヒューズくん(10)

フィオナンくんは、2年ほど前から金属探知機に興味を示し、先月の誕生日に念願のマイ探知機をプレゼントしてもらったそう。

早速、自宅近くの広場で試してみたところ、一発目でいきなり大物を掘り当ててしまったのです。

竜騎兵が愛用した18世紀の名刀か

父親のポールさんは「息子は日頃から金属探知機を欲しがっていたので、10歳の誕生日に思い切って、おもちゃより性能の良いものをプレゼントしました」と話します。

先月29日の夕方頃、2人は近所の空き地でおニューの探知機を試してみました。最初に2度、探知機が信号を発しましたが、どちらも取るに足りない小物だったそう。

ところが、直後の3回目に探知機が示した場所を掘り返してみると、地中30センチあたりに錆びついた剣が見つかったのです。

フィオナンくんは「最初、それが何なのか分からなかったけど、とてもワクワクした」と話しています。

マイ探知機を持つフィオナンくん/Credit: BRIAN QUINN/CLONOE GALLERY

ポールさんは「剣が価値のあるものではないか」と思い、専門家や古美術商に画像を送りました。その結果、ほとんどの専門家が、17世紀後半〜18世紀の剣という点で意見が一致しています。

古美術商を30年以上務めるフィリップ・スプーナー氏は、フィオナンくんの大発見に驚きを隠せない様子。

「これは持ち手にカゴ編み状のガードがついた、いわゆるバスケット・ヒルト・ソードと呼ばれるタイプの剣で、1720〜80年の間にイギリスのドラグーン(竜騎兵)が使っていた名刀です」と説明します。

持ち手がカゴ編み状になっている/Credit: BRIAN QUINN/CLONOE GALLERY

また、55年にわたり骨董品の取り引き業を営むマークとデイビッドのホーキンス老兄弟も「写真を見るかぎり、バスケット・ヒルト・ソードで間違いない」と指摘。

兄弟によると「バスケット・ヒルト・ソードは1610年頃にヨーロッパで登場したものだが、発見された剣は、デザインから察するに、17世紀後半〜18世紀に使われたものと思われる」と言います。

Credit: BRIAN QUINN/CLONOE GALLERY

ポールさんは、剣が自宅で錆びついたまま放置されるのを避けたいと考え、現在は北アイルランド国立博物館のグリーア・ラムジー博士のもとで詳細な分析が行われているとのこと。

調査次第では、イギリスの名剣士が愛用した剣と判明するかもしれません。

一方のフィオナンくんは、剣が歴史的に価値の高いものであることを望む反面、次のお宝を探知しに行くのを待ちきれないようです。

学校一の問題児だった落書き少年に「絵の仕事」が舞い込み、運命が一転する

reference: bbc / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG