なぜ左利きの人は世界のどこでも「全体の10%」なのか?

biology

Credit:depositphotos
point
  • 人間は非対称な存在だが、左利きが10%しかいない理由は未だ明らかになっていない
  • 左利きになる要因には多くの説があり、数々の研究が行われてきた
  • 2019年には利き手に関連する遺伝子領域が発見される

多くの人は生まれながらに右利きであり、左利きの人は全体の10%に過ぎません。

実はこの割合は世界全体で一定で、地球のどこを見ても10人に1人が左利きです。そのため左利きの出生には生活環境よりも、なんらかの遺伝的要素が関係していると考えられます。

現在でも、科学者たちは左利きが10%しかいない理由を完全には説明できません。しかしこれまでの研究で明らかになったこともいくつかあり、1歩ずつ解明へと近づいています。

人間は非対称である

Credit:depositphotos

私たちの体には至る所に非対称性が認められます。スポーツでボールを扱う時なども、人は片方の足で蹴り、また片方の手で投げます。

また正確な距離を測りたい時には片方の目をつぶる傾向があります。同様に電話に出たり、閉まったドアの向こうの話し声を聞こうとするときには両耳ではなく片方の耳を使おうとするでしょう。

ですから「手の使用率が片方に偏る」つまり「利き手がある」のは生物学的にも自然なことです。

しかし、これだけでは利き手が右に偏っている理由を説明できません。そのためこれまで多くの科学者たちが、右利きが多く左利きが少ない理由を研究してきました。

研究によって複数の説が提唱される

Credit:depositphotos

一部の研究者は、利き手と脳の関連性に焦点を当てており、左脳は体の右側を制御し、右脳が体の左側を制御すると考えています。

つまり、人が左脳を使用して言語や細かい運動能力を制御しているなら、その人は右利きになるというわけです。そしてほとんどの人が左脳をより使用しているのではないかと考えています。

この説と関連して、遠い過去の遺伝的突然変異が人間の脳の言語中枢を左脳へとシフトさせ、右利きが多くなったというを唱える研究者もいるようです。

また「利き手の決定は遺伝が大きく関係しているが、すべてではない」と考える研究者も多いようです。

なぜなら、これまでの調査では「左利きの親は右利きの親よりも左利きの子供を産む可能性が高い」と分かっていますが、それでも左利きの親は全体的に右利きの子供を産む方が多いのです。

複数の説がありますが、依然として研究者たちは左利きの原因を特定するのに苦労しています。

最近の遺伝子研究が明らかにしたこと

Credit:depositphotos

ところが最近の研究では左利きに関連する要素がいくつか明らかになってきました。

例えば、2019年の40万人を対象にした研究では、初めて利き手に関連する4つの遺伝子領域が判明しています

そのうちの3つの領域は脳の構造と発達に関与するタンパク質とリンクしていました。この結果は、脳と利き手に関連があるという説を補強するものとなるでしょう。

しかし、他の研究では利き手の決定に影響を与える遺伝子がおそらく数十個あると報告されています。

またさらに別の研究ではエストロゲン(女性ホルモン)のレベルや出産姿勢などの要因も関係しているとの報告が上がっています。

このような複数の新発見は、左利きに関して何を明らかにしているのでしょうか?

それは、これまでに考慮されてきた以上に、左利きの要因が複雑だということです。

研究者たちは発見した数々の要素が互いにどのように結びついているのか把握するのに苦労しています。

現段階で左利きが10%である理由ははっきりと分かっていません。しかし科学者たちの努力により、遺伝的要因が関係していることや、それに影響を与えている複数の分野が発見されました。

身近な話題にもかかわらず、未だに判然としない左利きの要因。しかし確実に進展している分野ですから、今後の研究にも期待できるでしょう。

 

あなたはどっち? 自分の手首で「進化したタイプ」かどうかがわかる

「12月生まれ」の子どもだけが持つ4つの特別な能力とは

reference: sciencealert / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG