手洗い。
手洗い。 / Credit:depositphotos
medical

新型コロナウイルスはヒトの皮膚上で約9時間も生存する!”インフルエンザの5倍の長さ” (2/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.10.07 Wednesday

京都府立医科大学 https://www.kpu-m.ac.jp/doc/news/2020/20201005.html

さまざまな表面上での新型コロナウィルス

スマートフォンを初めヒトの触れるものに、ウィルスは長期間滞在する。
スマートフォンを初めヒトの触れるものに、ウィルスは長期間滞在する。 / Credit:depositphotos

また研究では、ステンレススチール、耐熱ガラス、プラスチックの表面上でのウィルスの生存時間も調べました。

その結果「SARS-CoV-2」は「インフルエンザウイルス」の8倍近く長く安定し続けることがわかりました。

これは別の研究で以前に示されたデータと一致する結果ですが、「SARS-CoV-2」は正しく消毒されない場合、室温では金属やプラスチックの表面で最大9日間程度生存することができます。

プラスチックも金属もガラスも、ヒトが頻繁に触れる機会の多い素材なので、注意が必要でしょう。

こうして見た場合、ヒトの皮膚表面はウイルスの生存には不向きな環境であることがわかります。しかしそうはいっても、皮膚表面上で、新型コロナウイルスが9時間も生存するという事実はかなり衝撃的な事実です。

「インフルエンザウイルス」に比べ、「SARS-CoV-2」はさまざまな表面上で長期間生存できるようです。これがこのウイルスの恐ろしい感染力の原因の1つなのかもしれません。

次ページエタノール消毒は非常に有用

<

1

2

3

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!