世界征服に最も近づいた国は?
世界征服に最も近づいた国は? / Credit: jp.depositphotos
history archeology

2021.01.27 Wednesday

2020.11.22 Sunday

世界征服に最も近づいた国はアノ国!歴史のプロが本気で考えた結果 (2/3)

前ページ世界人口の44%を支配、1位は「アケメネス朝ペルシア」?

<

1

2

3

>

世界の陸地の25%を支配した「モンゴル帝国」

それでは、シンプルに最も大きな領土を誇った国ならどうでしょう。

それは1200年代に最強と言われたモンゴル帝国」です。

有名なチンギス・カンが1206年に建国した遊牧国家で、版図を拡大する勢いは凄まじいものでした。

最盛期は世界の陸地の4分の1、約3300万平方キロの面積を支配しています。「ひとつながりの国」の中では、文句なくナンバーワンの広さを誇りました。

モンゴル帝国の拡大
モンゴル帝国の拡大 / Credit: ja.wikipedia

しかし、ボンマス教授は「モンゴル帝国でも世界最強の国とは言えない」といいます。

その理由として、国家が比較的短命である点支配領域を維持が不安定だった点をあげます。

確かに、モンゴル帝国は建国からわずか88年で、チンギス・カンの子孫が支配権をめぐり争ったため、4つの領土に分裂してしまいました。

また、領土の拡大スピードは速かったものの、安定した国家を築くことができていません。

ボンマス教授は「最強の帝国と呼ぶには、ある程度の平和な期間があり、その間に領土の維持国家の繁栄を達成していなければならない」指摘します。

次ページ史上最強の国は「大英帝国」

<

1

2

3

>

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!