ココアの摂取は脳内の酸素化を助ける
ココアの摂取は脳内の酸素化を助ける / Credit:Scientific Reports
brain

ココアは「むずかしい」仕事の生産性を上げるという研究

reference: neurosciencenews
2020.11.25 Wednesday

ココアはプログラミングや創作などむずかしい仕事の生産性をブーストするかもしれません。

11月24日に『Scientific Reports』に掲載された論文によれば、ココアには脳の酸素取り込み量を増やし、高い認知能力を要する問題の解決能力を向上させるとのこと。

これまでココアが認知能力に恩恵を与えるとの研究結果は以前にも報告されていましたが、多くはココアの摂取量と認知テストの成績との相関関係を示すだけで、具体的に脳で何が起きているかはわかっていませんでした。

しかし今回の研究では一歩踏み込んで「より科学的な」証拠を示すことに成功したようです。

ココアを摂取した脳の中では、いったい何が起きているのでしょうか?

>参照元はこちら(英文)

ココア効果の正体は謎が多かった

ダークチョコレートには一般に100~650mgのフレバノールが含まれている
ダークチョコレートには一般に100~650mgのフレバノールが含まれている / Credit:depositphotos

チョコやココアに含まれるココアフラバノールは、古代から様々な健康上の問題を解決する万能薬として民間(南アメリカ)で用いられてきました。

また近年の研究では、ココアフラバノールは健康な成人の認知機能を増進させ、卒中や認知症の予防に働くことが示されています。

しかし、脳に対するココアフラバノールの具体的な影響を示す証拠はほとんど得られていませんでした。

そこでイリノイ大学の研究者たちは、18歳から40歳までの健康な成人を募集し、ココアフラバノールの摂取が脳に与える影響を2つの尺度で計測しました。

1つ目の尺度は脳の血中酸素濃度、そしてもう1つは既存の方法と同じく、認知テストの成績を元にしたものです。

ただ今回の認知テストでは工夫が行われ、簡単な作業効率の測定の他に、高い認知機能を求められる高難易度の課題が加えられました。

次ページココアは脳に酸素を供給する

<

1

2

3

4

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!