顔と目の動きで安価なうつ病検出が可能に
顔と目の動きで安価なうつ病検出が可能に / Credit:Depositphotos
psychology

顔と目の動きから79%の精度でうつ病が検出できる技術が登場

2021.05.13 Thursday

Researchers use face and eye movement tracking to detect heightened symptoms of depression with 79% accuracy https://www.psypost.org/2021/05/researchers-use-face-and-eye-movement-tracking-to-detect-heightened-symptoms-of-depression-with-79-accuracy-60741
Psychological Medicine Psychological Medicine Article contents Abstract References Prediction of depression symptoms in individual subjects with face and eye movement tracking https://www.cambridge.org/core/journals/psychological-medicine/article/abs/prediction-of-depression-symptoms-in-individual-subjects-with-face-and-eye-movement-tracking/D3DD91C657FAB8C8676C0353750BC134

一般的に「うつ病」として知られる「大うつ病性障害」は、症状の重さが患者によって大きく異なります。

また不安神経症と同時発症することも多いため、正確な診断が難しいとされています。

イギリス・エディンバラ大学の臨床脳科学センター精神科に所属するアレックス・ストリーツ氏ら研究チームは、「顔と目の動きを追跡する」という安価な方法により、79%の精度でうつ病を検出することに成功しました。

研究の詳細は、2020年11月付けの科学誌『Psychological Medicine』に掲載されています。

「顔と目の動きを追跡する」安価な方法でうつ病を検出する

うつ病を正確に診断するための取り組みはこれまでにも行われてきました。

いくつかの研究では、抑うつ症状を検出するために脳画像データを利用しています。

しかし、この方法は高い費用がかかるだけでなく、熟練の技術者を必要とします。

そこで研究チームは、うつ病を検出できる簡単で低コストな方法を生み出すことにしました

注意を逸らす言葉対する反応データを収集
注意を逸らす言葉対する反応データを収集 / Credit:Depositphotos

彼らは「うつ病が顔や目の特定の動きと関連する」という先行研究に注目し、実際に顔と目の動きで検出できるか実験しました。

実験では48人の参加者が作業記憶タスクと持続的注意タスクを行ないました。

タスク中、画面には注意をそらす言葉(肯定的・否定的・中立の3種類)が何度か表示されるようになっており、参加者がその言葉にどのように反応するか調査しました。

それぞれの言葉に対する反応の仕方(凝視するまでの時間、凝視の回数、時間など)で抑うつ症状が判断できるというのです。

安価なカメラで参加者の663の顔の動きと132の視線の動きが測定され、コンピュータに学習させました。

次ページ79%の精度でうつ病を検出できる!一般的な診療所でも正確な検出が可能に!

<

1

2

>

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!