超新星爆発の爆風と破片が周辺のガスと衝突している様子
超新星爆発の爆風と破片が周辺のガスと衝突している様子 / Credit:NASA/SAO/NCSU/Borkowski et al.,MSH 15-52: Cosmic Hand Hitting a Wall(2021)
space

超新星爆発で生まれた「神の手」から爆風の速度が明らかに (3/3)

2021.07.01 Thursday

2021.06.28 Monday

前ページコア崩壊型超新星の衝撃波

<

1

2

3

>

超新星爆発の衝撃波の速度

赤枠の部分を注目して移動速度を測定すると秒速5,000kmとわかる
赤枠の部分を注目して移動速度を測定すると秒速5,000kmとわかる / Credit:NASA/SAO/NCSU/Borkowski et al.sciencealert/You Can Finally Watch The Blast of a Cosmic Supernova With Your Own Eyes(2021)

14年に渡る観測で、このガスの衝突部分の移動は最大で秒速5000km、もっとも遅い部分でも秒速1000kmという速度だったことがわかりました。

しかし、これはガスと衝突することで超新星残骸が減速した状態でこの速度ということです。

このガスの壁は、爆心地から約75光年離れた距離にあり、そこまでの移動を考えた場合、衝撃波の平均移動速度は秒速1万3000kmになります。

衝突しているのは、超新星爆発の直前までコアで作られていたネオンやマグネシウムと考えられています。

超新星爆発でどのようなことが起きるのか、まだ完全にはわかっていません。

ここに見られる高速で移動する残骸の起源も、正確には星のどこから来ているものかはまだわからないのです。

しかし、さまざまな時間軸で、超新星爆発を検していくことで、天文学者はそこで起きた出来事のパズルを組み立てようとしています。

【編集注 2021.07.01 16:50】
タイトルを一部修正して再送しております。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!