mRNA技術でマウスの20匹中19匹で「がん細胞を完全消滅」させたと発表! 臨床試験も開始!
mRNA技術でマウスの20匹中19匹で「がん細胞を完全消滅」させたと発表! 臨床試験も開始! / Credit:Canva
medical

2021.09.15 Wednesday

2021.09.14 Tuesday

mRNA技術で95%のマウスから「がん細胞を完全消滅」させることに成功! (2/3)

前ページマウスの20匹中19匹で腫瘍が完全に消滅した

<

1

2

3

>

mRNAによって作られたサイトカインは免疫にがん細胞を密告する

mRNAによって作られたサイトカインは免疫にがん細胞を密告する
mRNAによって作られたサイトカインは免疫にがん細胞を密告する / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

なぜサイトカインの生産命令(mRNA)カクテルが、がんを消滅させたのか?

答えを探るため、研究者たちは治療中のマウスの体内を調べました。

するとマウスの体内では、免疫システムに対して腫瘍への攻撃を促す「腫瘍内インターフェロンガンマ」、「抗原特異的T細胞」、「グランザイムB+T細胞浸潤」が増加しており、がん細胞に対する免疫記憶も形成されていました。

私たちの体から生まれたがん細胞には、体の一部になりすますことで免疫をかわす能力が備わっています。

一方で、腫瘍に注射されたサイトカイン生産命令(mRNA)が実行され、実際にサイトカインが生産されはじめると「ここに敵がいる」という警報を免疫システムに向けて発することが可能になります。

そして警報によって駆け付けた免疫細胞に、がん細胞を改めて敵として認証するキッカケを与えていたと考えられます。

極言すれば、腫瘍の内部にチクリ屋を入れた……とも言えるでしょう。

次ページ人間での臨床試験も始まっている

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!