宇宙空間での人体の反応は?
宇宙空間での人体の反応は? / Credit:Depositphotos
space

生身で宇宙空間に出たとき、人体はどれだけ耐えられるのか? (2/3)

2021.11.21 Sunday

What would happen to the human body in the vacuum of space? https://www.livescience.com/human-body-no-spacesuit

真空でも人体は爆発しない!一瞬であれば生き残ることが可能!

宇宙空間で爆発することはないが膨張はする
宇宙空間で爆発することはないが膨張はする / Credit:Depositphotos

人体は非常に柔軟で丈夫なので、減圧で膨張はするものの、爆発することはありません。

真空では人体が最終的に2倍にまで膨れ上がると言われており、その過程で臓器に致命的なダメージを与えます。

しかしそれらが瞬時に起こるわけでありません

実際、真空に近い状態にさらされても生き残った人はいます。

1966年、NASAの技術者であるジム・ルブラン氏は、巨大な真空チャンバーの中で宇宙服のテストを行っていました。

ところがある時点で宇宙服のホースが外れてしまい、意識を失うことになったのです。

すぐに救助されたため、命に別状はありませんでした

彼は、このときのことを振り返って、次のように述べています。

「意識を失う直前に唾液が泡立ち始めたのを感じた」

これは舌先の水分が沸騰したことを表しているのでしょう。

宇宙空間では、一瞬たりとも宇宙服を脱ぐべきではない
宇宙空間では、一瞬たりとも宇宙服を脱ぐべきではない / Credit:Depositphotos

ちなみに2013年の調査によると、過去の例では、動物と人間は真空状態で10秒以内に意識を失うとのこと。

またそれが一瞬でも影響は大きく、膀胱や腸の機能が失われたり、膨張した筋肉が心臓と脳への血流を妨げたりしました。

レーンハート博士によると、「人間はこの膨張を生き残ることはできません。2分以内に死に至る可能性が高いのです」と述べています。

では血液もすぐに沸騰するのでしょうか?

そうではないようです。

人間の血管には外部よりも高い圧力が加わっているため、すぐに血液が沸騰することはありません

血液が沸騰するとしたら、それはほぼ死にかけて血圧が大きく下がった場合でしょう。

次ページ宇宙空間では凍死するまえに窒息と膨張で死んでしまう

<

1

2

3

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!