寄生虫がヒトの見た目を魅力的にしていた?
寄生虫がヒトの見た目を魅力的にしていた? / Credit: canva
uncategorized

寄生虫トキソプラズマは感染したヒトを魅力的にして、モテやすくしていた?!

2022.05.21 Saturday

Mind-Altering Parasite May Make Infected People More Attractive, Study Suggests https://www.sciencealert.com/mind-altering-parasite-may-make-infected-people-more-attractive-study-suggests
Are Toxoplasma-infected subjects more attractive, symmetrical, or healthier than non-infected ones? Evidence from subjective and objective measurements https://peerj.com/articles/13122/(2022) Toxoplasmosis can be a sexually transmitted infection with serious clinical consequences. Not all routes of infection are created equal https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24986706/(2014) Male-to-Female Presumed Transmission of Toxoplasmosis Between Sexual Partners https://academic.oup.com/aje/article/190/3/386/5905708(2020)

フィクション作品ではよく、寄生虫やエイリアンに体を乗っ取られた人物が、前より魅力的になって他人を誘惑する姿が描かれます。

ただ、これが単なる作り話ではないかもしれないのです。

フィンランド・トゥルク大学(University of Turku)の研究チームは、このほど、寄生生物のトキソプラズマ(Toxoplasma gondii)に感染した男女は、感染していない人に比べ、「外見が魅力的で健康そうに見える」と評価されることを報告しました。

トキソプラズマは、宿主を魅力的にして他人を惹きつけやすくすることで、感染経路の拡大を狙っているのかもしれません。

研究の詳細は、科学雑誌『PeerJ』にて報告されています。

トキソプラズマはヒト間で「性感染」するのか?

トキソプラズマは、単細胞の微小な寄生原虫で、ネコ科の動物を最終的な宿主とします。

その間の中間宿主として、ヒトやブタ、ヤギ、ネズミ、ニワトリなど、200種以上の恒温動物に感染します。

すでに世界人口の約3分の1がトキソプラズマに感染していると指摘されるほど、メジャーな寄生生物です。

紫で染色されたトキソプラズマ
紫で染色されたトキソプラズマ / Credit: ja.wikipedia

しかし、トキソプラズマに感染しても約8割の成人は無症状で、とくに体調に異常もありません。

残りの2割で発熱や筋肉痛、疲労感があらわれますが、数週間ほどで回復し、慢性状態へと移行します。

ヒトへの主な感染経路は、加熱不十分の食肉や、ネコあるいは他の中間宿主の糞便に含まれるトキソプラズマを何らかの経路で摂取した場合です。

感染者の母親から胎盤を介して、胎児に感染するケースもあります。

そして、これまでの研究では、この母子感染を除くと、「ヒトからヒトへは基本的に感染しない」と主張されてきました。

ヒトに対するトキソプラズマの基本的な感染経路
ヒトに対するトキソプラズマの基本的な感染経路 / Credit: 国立感染症研究所(NIID)

ところが、 プラハ・カレル大学(Charles University・チェコ)は2014年の研究で、「男女間の性交渉がトキソプラズマの感性経路になりうる」ことを報告しています。

また同大は2020年、いくつかの動物種でオスからメスへのトキソプラズマの性感染が確認されたことを発表。

これを受けて、ヒト間でもトキソプラズマが性感染する可能性は十分にあると指摘しました。

さらに、トキソプラズマが宿主の性交渉に、勢力拡大の活路を見出していることを示すデータがあります。

トゥルク大学の生物学者で、本研究主任のハビエル・ボラズ=レオン(Javier Borráz-León)氏によると、ある研究で「トキソプラズマに感染したオスのラットは非感染のメスに対し、より強い性的魅力を持ち、パートナーに選ばれやすい」ことが判明したのです。

レオン氏は「これと同じ現象がヒトでも見られるかもしれない」と考え、調査を開始しました。

次ページ感染者は「見た目」の魅力度が高く、性的パートナーも多かった

<

1

2

>

未分類のニュースuncategorized news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!