38分で陥落したザンジバル王宮のイメージ
38分で陥落したザンジバル王宮のイメージ / Credit: One Minute History(youtube, 2017)
history archeology

2022.08.13 Saturday

わずか38分で終わった史上最短の戦い「イギリス・ザンジバル戦争」とは? (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

終末世界:人類は最低何人いれば近親交配を避けて繁殖できるのか?

前ページ史上最短の戦争が起こるまで

<

1

2

>

開戦から38分で終戦

1896年8月27日午前9時2分、港に集結していたイギリス艦隊は、王宮に向けて砲撃を開始しました。

イギリス軍は、巡洋艦3隻、砲艦2隻、海兵隊と水兵計150名、それにザンジバル人部隊が約900名。

それに対し、ハリド率いる王宮には、親衛隊と数百名の召使いや奴隷、それに市民を合わせて、約2800名がいました。

ハリド側は、数門の大砲と機関銃を用意し、イギリス艦隊に照準を合わせていたものの、イギリス軍の最初の砲撃により、王宮が火事に見舞われ、大砲がまったく使えなくなったのです。

海では小規模の海戦も勃発しましたが、イギリス艦隊の力は圧倒的で、ザンジバルの王室ヨット「グラスゴー」と小船2隻を一瞬で沈めています。

イギリス艦隊の「スラッシュ(左)」と「セント・ジョージ(中)」、右の青はイギリス軍、赤がザンジバルの「グラスゴー」
イギリス艦隊の「スラッシュ(左)」と「セント・ジョージ(中)」、右の青はイギリス軍、赤がザンジバルの「グラスゴー」 / Credit: ja.wikipedia

イギリス軍は、約500発の砲弾と約4100発の機関銃、約1000発のライフル銃を撃ち込んで、ザンジバル軍を壊滅させました。

午前9時40分に王宮の旗が撃ち落とされ、戦争は終結します。

わずか38分の出来事でした。

ハリドとザンジバルのその後

38分間の戦いの中で、イギリス軍は水兵1名が負傷したのみでしたが、ハリド側には約500名の死傷者が出ています。

その大部分は、王宮を飲み込んだ火災によるものだったといいます。

イギリス軍はただちに王宮を占領し、その日の午後までに親イギリス派のハムド・ビン・ムハメドを新たなスルタンに据えました。

こうしてザンジバルは、イギリスの完全な傀儡政権となったのです。

砲撃直後の王宮
砲撃直後の王宮 / Credit: ja.wikipedia

一方のハリドは、ドイツ領事館へ避難し、保護を受けました。

イギリス側はハリドの引き渡しを要求したものの、ドイツ領事は、両国の間で結ばれている犯罪人引き渡しの条約が「政治犯を除外していた」ことから、これを拒否。

その代わり、「ハリドをザンジバルの地に踏み入れさせない」ことで合意しました。

結局、ハリドはドイツ領東アフリカ(今日のタンザニア)へ移送され、ザンジバルを後にしています。

その後、ハリドは1916年の第一次大戦中にイギリス軍に逮捕され、セントヘレナ島に流刑。それから、東アフリカへ戻ることを許された後、1927年に、ケニアのモンバサで死去しました。

彼が戦った「史上最短の戦争」は、主権国家としてのザンジバルの終わりと、イギリス支配下時代の始まりとして、歴史の1ページに刻まれています。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!