脳を刺激して過食を止める
脳を刺激して過食を止める / Credit:Canva
brain
Deep Brain Stimulation Shows Promise Against Binge Eating Disorder, Penn Research Finds https://www.pennmedicine.org/news/news-releases/2022/august/deep-brain-stimulation-promising-against-binge-eating-disorder World-first study tests brain implants in humans to stop binge eating https://newatlas.com/science/deep-brain-implant-stop-binge-eating/
Pilot study of responsive nucleus accumbens deep brain stimulation for loss-of-control eating https://www.nature.com/articles/s41591-022-01941-w

2022.09.07 Wednesday

「過食性障害」を脳インプラントの刺激で抑制することに成功!

過食性障害(BED:Binge eating disorder)とは、衝動的にたくさん食べてしまう症状であり、「むちゃ食い障害」とも呼ばれます。

一般的な「食べ過ぎ」とは異なり、どうしても我慢できず、満腹になっても食べるのを止められません。

最近、アメリカ・ペンシルベニア大学(The University of Pennsylvania)ペレルマン医学部に所属するケイシー・ハルパーン氏ら研究チームは、BED患者の脳に小さなデバイスを埋め込んで刺激を与えることで、過食の頻度を大きく減少させることに成功しました。

研究の詳細は、2022年8月29日付の学術誌『Nature Medicine』に掲載されています。

過食性障害の患者を救うための研究

過食性障害(BED)は、一般的に嘔吐を伴なわない「頻繁な過食」を特徴とします。

自分で食欲をコントロールできず、猛スピードで、空腹・満腹に関係なく食べ続けてしまうのです。

BED患者は過度な肥満により身体的健康を損なうだけでなく、過食後の後悔によって精神的健康も損なってしまいます。

過食性障害の患者は自分では食欲をコントロールできない
過食性障害の患者は自分では食欲をコントロールできない / Credit:Canva

こうした問題を解決する1つのアプローチとして、ハルパーン氏ら研究チームは、食欲を抑制する「インプラント」を研究してきました。

脳に小型デバイスを埋め込み、刺激を与えることで過度な食欲を抑制しようというのです。

そして2017年の研究では、側坐核(そくざかく:前脳にある報酬・快感・嗜癖などに関係する神経細胞の集団)の活動と過食に関連性が見られました。

「側坐核における低周波の活動」が暴食の直前に活発になっていたのです。

この特徴的な活動は、通常の食欲・食事では見られないものです。

次に、マウスの側坐核を刺激したところ、通常であればむさぼるように食べる高カロリー食品の摂取量が大幅に減りました。

そこで研究チームは、この結果を踏まえて、ヒトを対象にした側坐核の刺激実験を行うことにしました。

次ページ脳インプラントによる電気刺激で人間の過食を抑えることに成功

<

1

2

>

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!