ゲームの未来はboxではなく“place”! Googleがゲームプラットフォームサービス「Stadia」を発表

technology 2019/03/20
会議で登壇するGoogleのCEOピチャイ氏 /credit:YouTube

Googleはゲーム開発者会議「GDC 2019」で、ゲームプラットフォームサービス「Stadia」を正式に発表しました。「Stadia」はゲーム機不要のゲームストリーミングプラットフォーム。ユーザーはデバイスを問わず、PC、テレビ、タブレット、スマートフォンなどからプレイすることができます。

ハードウェアにとらわれない「Stadia」

「Stadia」は、データセンターが処理した映像を利用するクラウドストリーミングサービスです。ユーザーは手持ちのコントローラーやデバイスでゲームをプレイができます。ゲーム機としては、GPUの描画性能で比較するとPS4 Proの約2.5倍。現状では4K、60fpsのストリーミングに対応しています。将来的には8Kにも対応する予定とのこと。

YouTube やウェブ上のゲームコミュニティと簡単に連動できるのが「Stadia」の特徴です。YouTubeのゲーム動画から「今すぐプレイ」ボタンを押すと、ダウンロードやインストール不要で、その場でゲームがプレイできるようになります。

クラウドゲームを最大限に楽しむ機能

credit:YouTube

そんなゲームプラットフォームである「Stadia」ですが、当然クラウドゲームを楽しむ機能が充実しています。

「Crowd Play」

YouTubeのゲームプレイ動画や実況などクリエーターが使える機能。ゲーム実況中に「一緒に遊ぶ」ボタンを押すと、ゲーム機やPCで別にゲームを立ち上げずに、配信者と一緒にゲームができます。

「State Share」

ゲームをプレイする配信者・クリエーター向け機能。配信者がゲーム中の特定のシチュエーションをセーブ、その状態でほかのプレーヤーが遊べる共有機能です。

「Play Now」

リンクやEmbedとしてほかのあらゆるウェブサービスやメール、SNSなどに追加できます。

『Stadiaコントローラ』

さらに快適にプレイするためにGoogle製のコントローラーが用意されています。wifiでネットに接続、チャットや音声入力をするためのマイク、Googleアシスタントボタンも搭載されています。

The future of gaming is not a box. It’s a place. This is Stadia. One place for all the ways we play.

「Stadia」公式ツイッターの言葉が印象的です。ゲームの未来はboxではなくplace。ゲームにもクラウド時代が到来しましたね。

GoogleがVRで世界の貴重な遺跡や建造物を3D保存、スマホやPCでも公開中!

written by Nazology staff

SHARE

technologyの関連記事

RELATED ARTICLE