『アベンジャーズ/エンドゲーム』は量子力学に基づいたタイムトラベルが鍵

Point
■『アベンジャーズ:エンドゲーム』では科学的な理論に基づいた「タイムトラベル」が物語の鍵を握る
■「インフィニティ・ストーン」は前作の『インフィニティ・ウォー』で壊れているので、過去に取りに行くことが予想される
■予告編に登場する科学用語から、量子力学に基づいた時間遡行方法が取られる可能性が高い

<ネタバレ注意!>

ついに公開された、映画『アベンジャーズ:エンドゲーム』。前作の『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』では、最強の敵サノスの指パッチンで宇宙に存在する全生命の半分が消えてしまうという衝撃的な終わり方をした。

正義のヒーロー・アベンジャーズのメンバーも例外ではない。『エンドゲーム』では消えた仲間たちをどうやって取り戻すのかに焦点が当てられる。その鍵となるのが「タイムトラベル」のようだ。

さらに劇中には現実の科学理論と密接に結びついた用語が多く出てくる。さあ、果たしてどのようにタイムトラベルするのだろうか。

時間旅行で「インフィニティ・ストーン」奪還!?

まず前提条件として、消えてしまった生命を蘇らせることができるのは「インフィニティ・ストーン」だけだと言うことだ。「インフィニティ・ストーン」は宇宙に6つ存在し、それを全部集めて指パッチンすると全生命の半分が消失するというドラゴンボール的設定。

Credit:theconversation

ところが問題は、前作でサノスが指パッチンしたことで石が壊れているということ。つまり石をもう一度使うには、過去に遡って集め直す必要があるというわけだ。

おそらく『エンドゲーム』では、生き残ったメンバーで時空を越える旅に出ることが予想される。さて、どうやってタイムトラベルするのか?

次ページ過去に行くにはどうする?

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG