「愛」を楽譜に込めた男。音楽によって暗号化されたメッセージ

culture 2018/03/28
Credit: atlasobscura

あなたがもしスパイ活動をするなら、秘密のメッセージを敵にバレないように送らなければいけません。安全にそのメッセージが送れるかどうかは死活問題だからです。しかし心配はいりません。音楽を通じて秘密のメッセージを送ることができます。

「音楽暗号化法(music cryptography)」と呼ばれるその方法は、ドレミをアルファベットやコードに対応させることで、言葉を楽譜に記しているものです。

実際にメッセージを込めたランダムの楽譜を演奏してみても、ふつうの人はまさか音楽にメッセージが含まれているとは考えないので、内容を隠すには完璧なように思われます。しかし、西ミシガン大学のデビッド・コード教授は次のように語ります。「もし暗号の旋律が美しくなければ、音楽はひどく退屈なものとなり、その楽譜をすぐに疑ってしまいます」

この「暗号楽譜」を最もよく使っていたのは、実はクラシックの作曲家たちでした。といっても、それらがスパイ活動に使われたという記録は残っていません。彼らはむしろ、自分の名前や友人の名前を旋律に変え、単に楽しんでいたと思われます。そして、そのような遊びが実際の作曲にインスピレーションを与えていたこともあるようです。

Credit: atlasobscura

「愛」を暗号化したブラームス

暗号を用いた有名な曲に、ドイツ人作曲家ブラームスが1868年に作った “String Sextet No. 2 in G major” があります。


Brahms’ Sextet No. 2 in G Major

1858年の夏の日ー。25歳のブラームスは、友人の音楽教室の生徒であった23歳のアガーテ(Agathe)に激しい恋心を抱きます。1859年、彼らは結婚のため準備を進めていましたが、ブラームスは音楽に専念するために婚約を破棄していまいます。

そして後にアガーテは違う男性と結婚。ブラームスは音楽に従事しつつも、彼女のことを忘れられないでいました。彼自身はその後結婚することなく、生涯独身を貫いたそうです。

そしてブラームスは、自らのその思いを昇華させるために、「A-G-A-H-E(アガーテ)」という調べ(日本のドレミファソラシはドイツではCDEFGAH)を “String Sextet No. 2 in G major.” の中で用いたのです。ブラームスは友人に対し、「この曲を通して、最後の愛に身を投じた」と語っています。

Credit: atlasobscura / ブラームス

気軽に秘密のメロディが作れるサイト “Solfa Cipher

そんなロマンチックな話を聞いて、あなたも音楽の中に暗号を隠したくなったのではないでしょうか。そんなときはコード教授が開発した、文字をメロディーに変えるサイト “Solfa Cipher” をぜひお試しあれ。

“Message” の欄に好きなコトバを入力するだけ。当サイト “nazology” は残念な旋律を奏でた

 

美しい調べにただ聞き惚れるのもいいですが、その中に秘められたメッセージを知ると、二重に趣深いものになりますね。

 

via: atlasobscura / translated & text by Nazology staff

 

関連記事

アイディアが浮かぶ秘訣は「幸せな音楽」を聴くことと判明

やはり日本語はヤバかった。 世界の言語難易度ランキング(英語圏)

数字でみるヨーロッパの自殺事情。男女で自殺率の差がとんでもない国があった

 

SHARE

cultureの関連記事

RELATED ARTICLE