spot

2021.01.27 Wednesday

2019.10.29 Tuesday

世界初の海上ホテルが1万4000キロを漂流して流れ着いたのは「北朝鮮」だった

1枚目の画像
Credit:Carl Smith, ABC Science

世界最初の海上ホテルは、1988年にオーストラリアで誕生しました。

同国の港湾都市タウンズビル沿岸から70km離れた環礁近海を浮かんでいたホテルは、オープン当初から多くの人気を呼び、一時は5つ星も獲得していたほどです。

あれから30年、海上ホテルは同じ場所にはありません。なんと現在は、1万4000kmも離れた北朝鮮に浮かんでいるのです。

絶大な人気を誇った海上ホテルは、一体どんな紆余曲折を経たのでしょうか。

「環礁を眺めて暮らしたい」考案者の夢が現実に

海上ホテルの考案者ダグ・タルカ氏は、オーストラリアの都市開発を担当するメンバーでした。

ダグ氏は90年代に亡くなっていますが、建設プロジェクトにも参加した実子のピーター・タルカ氏は「父はオーストラリアの海に浮かぶ美しい環礁に強く魅せられていました。その眺めを人々と共有したいと強く願っていたのです」と話します。

当初の計画は、3隻のクルーズ船を環礁に常時係留するだけの予定でしたが、現実性もなく、安全面にも欠けるため、却下されました。代わりに、採用されたのが、「世界初の海上ホテルを作ろう」という案だったのです。

2枚目の画像
当時の「バリア・リーフ・フローティング・リゾート」/Credit:Barrier Reef Holdings

こうして、1988年の3月に、世界第一号の海上ホテル「バリア・リーフ・フローティング・リゾート」が誕生しました。

7階建に200近くの個室を完備し、テニスコートやナイトクラブ、バー、ヘリポートまで備わっていました。

当時、海上ホテルで働いていたベリンダ・オコナーさんは「ホテル内で開かれたパーティーやダイビング、ヘリで運ばれたピザなど、あの素晴らしい日々を今でも覚えている」と話します。

しかし、幸せな日々はそう長くは続かないものです。

次ページベトナム、そして北朝鮮へ

<

1

2

>

地理のニュースspot news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!