quantum

量子テレポーテーションを利用したマルチコア化実験に成功

2019.12.25 Wednesday
1枚目の画像
今では多くのPCでマルチコアが一般的/Credit:depositphots
point
  • 何度もプログラムを書き換えられる量子コアをのせたシリコンチップ回路が完成した
  • 量子テレポート現象を利用して、量子コンピューターのマルチコア化を成功させた

あらゆる暗号を解読し、あらゆる経済活動や金融取引に最適な答えを導くと期待される量子コンピューター。しかし、量子コンピューターが本格的に普及して世界を変えていくのはまだ先のことだと、少なくない研究者が予測しています。

なぜなら、量子コンピューターの心臓部である量子情報は、制御と測定が難しく、データ情報の抽出には困難がともなっていたからです。

コンピューターとして動くためにプログラミングは必須ですが、これまでの試作機的な要素が強かった量子コンピューターたちには、複数のプログラムを柔軟に受け入れる、ソフトのインストール能力が圧倒的に不足していました。

量子コンピューターの開発は、この2点のために足踏みを強いられていたのです。

しかし今回、ブリストル大学などの研究者たちが量子情報を効率的にデジタルデータに変換し、何度でもプログラムしなおせるシリコンベースの廉価な量子コアのチップの制作に成功しました。これは2つの欠点を見事に克服した技術といえるでしょう。

また、開発した量子コアを現代の古典的コンピューターが採用している、マルチコアに近い状況を再現するために、光子による量子テレポートを介して2つのコアを量子力学的に結合することにも成功しています。

Chip-to-chip quantum teleportation and multi-photon entanglement in silicon
https://www.nature.com/articles/s41567-019-0727-x

何度もプログラムが書き換えられる量子コア

2枚目の画像
Credit:depositphots

現在の量子コンピューターには、WindowsやMacといった便利なOSがないだけでなく、OSをつくるにあたって必要なプログラムを作成する環境も整っていません。

ですが新たに開発された量子コアを搭載したシリコンチップは、繰り返し別のプログラムを動作させることができるように作られました。

これまではプログラムをつくるごとに、ファミコンカセットのように専用の回路を作り直す必要がありましたが、その苦労が圧倒的に緩和されることになります。

次ページチップ回路間の量子テレポーテーション

<

1

2

>

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!