space

2021.01.27 Wednesday

2020.01.26 Sunday

宇宙でオーブンを使ってクッキーを焼いたらどうなるのか?

ナゾロジーチャンネル動画公開中

動画は三次元! 次元の理解の仕方を解説
1枚目の画像
世界で初めて宇宙で焼かれたクッキー。/Credit:Nasa/PA

国際宇宙ステーション(ISS)では現在様々な実験が行われていますが、今回は人類が初めて宇宙で調理に挑戦したことが報告されました。

その内容は、オーブンでチョコチップクッキーを焼くというものです。

宇宙の実験としては、「しょぼい内容では…」と思ってしまいそうですが、無重力下ではオーブンでクッキーを焼くという行為にも色々な困難が生じるようです。

あのNASAが焼いたクッキー

2枚目の画像
実験に使われた0Gオーブン。/Credit:Cookies in Space: Zero G Kitchen Oven B-Roll,DoubleTree by Hilton

実験は無重力下での利用を想定して開発された0Gオーブンが使われました。

わざわざ0G用のオーブンを設計しなければならない理由は、地上ならば自然と起きる熱の対流が無重力下では起こらないためです。

地上では熱い空気は上に上がり、冷たい空気は下に下ります。これによって空気の流れが生まれオーブン内の温度は最終的に均一に保たれます。

しかし、宇宙では上も下もないので熱した空気の対流がうまく起こりません。そのため円筒形の四方から均等に熱する仕組みの専用オーブンが開発されたのです。

また、クッキー自体も無重力によってふわふわと動き回ってしまうため、きちんと固定する仕組みが必要です。このオーブンでは、クッキーはポーチの中にパックされていて、オーブン内にしっかりと固定できるようになっています。

3枚目の画像
クッキーをオーブンに設置する様子。/Credit:NASA releases video of first space-baked cookies,Associated Press

クッキーの生地は予め地球で作りパッケージしたものを冷凍保存して宇宙へ運んでいます。それを国際宇宙ステーションで実際に焼いてみたのです。

次ページ気になる焼き上がりは?

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!