今から9か月後に「ベビーブーム」が来るかもしれない

society 2020/04/07
Credit: depositphotos
point
  • 9か月後にベビーブームが到来する可能性が示唆される
  • 感染拡大の影響下で、性産業の販売売上が急増しており、パートナーとの性交渉が増えているかもしれない

外出自粛やロックダウン(都市封鎖)が拡大する今、人との出会いの場は確実に減っています。

それにもかかわらず、性産業の販売売上は増加傾向にあるというのです。

専門家たちは、「9か月後にベビーブームが訪れるかもしれない」と推測し始めています。

性産業の売上は増加している⁈

スウェーデンの高級性玩具ブランド「LELO」は、昨年の同時期に比べて売上が40%増加したと報告しています。販売部門のアン・サマーズ氏いわく、「昨年の同時期に比べて、性玩具の売上は27%増加、コンドームの売上もわずか1週間で2倍に跳ね上がった」。

また、ノッティンガムに拠点を置くオンライン薬局の「UK Meds」は、バイアグラの急激な売上上昇とピルの注文が23%増加したことを報告しました。

キンゼイ研究所のヘレン・フィッシャー氏は、「自宅待機の時間が増えたことで、カップルや夫婦における性交渉の回数が増えたことは明らか」と指摘します。

Credit: pixabay

性行為は、体内のホルモン変化を引き起こし、喜びや幸福感をもたらすドーパミンを放出させます。テストステロンのレベルも男女ともに上昇することで、性欲動をさらに高まり、性交渉も多くなるでしょう。

フィッシャー氏は、「現在の暗鬱とした状況で、精神衛生を健康に保つためには良い傾向かもしれない」と話します。

また、感染拡大後のカップルや夫婦同士の会話調査では、イギリスで日常会話の時間が12%増えており、感染拡大がイギリスよりも進んでいるイタリアでは、1か月間で会話時間が29%も増えていました。

終息後に「ベビーブーム」の到来か

この状況を踏まえて、専門家たちは、コロナ終息後のベビーブーム到来を予測しています。

実際、過去にも、疫病の感染拡大から9か月後に出生率が上昇する事態が起きました。

香港でのサーズ(2002)、ブラジルでのジカウイルス(2015)、西アフリカでのエボラ出血熱(2016)の際、感染拡大の9か月後にベビーブームが起きています。

そのため、今回も年末や年明けくらいにベビーブームが起きるかもしれないのです。

Credit: economist

一方で、マドリード・コンプルテンセ大学のデヴィッド・リハー教授は懐疑的な見解を示します。

まずもって、性玩具の売上上昇は、単に個人的な使用目的に起因している可能性が高いということです。

それから、性交渉が増えているのは、パートナーと一緒に隔離されている人たちのみで、増加する感染者数や他者との出会いの機会が減っていることを考えると、全体的な性交渉の数は減少しているかもしれません。

また、DVの発生件数が増えていることから、自宅待機は、必ずしもパートナーや夫婦仲を深めることには繋がっていないようです。

それでも、「危機的な状況が去った後で、パートナーとの再会や再婚、出会いの急増により、出生率が上昇する可能性がある」と指摘します。

そのため、ベビーブームが到来するのは、9か月よりもっと先のことかもしれません。

妊娠中に食べると「頭の良い子供」が生まれる食べ物が見つかる

reference: economistwired / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG