コロナウイルスのウソ・ホントがわからない…「根拠のある医療」とは?

medical 2020/04/24
Credit:depositphotos

新型コロナウイルスの驚異に怯える昨今、世界では連日のように新しい研究報告が報道されています。

多くの人たちは、そんなニュースを耳にするたびに「ホントかよ?」と疑っているかもしれません。

そうした中で気になってくるのは、根拠のある医療とは何なのだろう? という疑問です。

現代の医療は全て科学的根拠に基づいて成り立っています。しかし、そもそも「科学的根拠」とは何を指している言葉なのでしょうか?

医療の重要さを身にしみて感じる今、「科学的根拠」のある現代医療がどのようにして成立していったのか、歴史を振り返ってみましょう。

ちょっと前までの医療

科学的根拠に基づいて安全な医療が行われるようになったのは、実はわりと最近のことです。

ほんの数百年前まで医療の主役は瀉血(しゃけつ)でした。

中性ヨーロッパの瀉血の様子。/Wikipedia Commons

瀉血というのは、リストカットして悪い血を抜き取るという治療法で、これであらゆる病気が改善すると本気で信じられていました。

中性ヨーロッパ時代、この医療を行うのは修道士でしたが、血なまぐさい処置を修道士が行うことを教皇が禁じたため、後の時代では床屋が担うようになります。

理髪店の赤青白の縞模様がくるくる回転する看板は、青が静脈、赤が動脈、白が包帯を表していて 昔床屋が外科医療を行っていた名残だという話を聞いたことがある人は多いと思いますが、その外科医療というのが瀉血でした。

Credit:depositphotos 

床屋がどうやって外科医療をするんだ? と疑問に思う人も多いでしょう。実は床屋は、カミソリでひげを剃るついでに、体調の良くない人の手首を切って悪い血を抜いてあげていたわけです。

瀉血は現代人にとっては冗談みたいな医療ですが、この治療方法は当時、大きな病院や大学でも当たり前に教えられている立派な医療行為でした。

例えばアメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンは、晩年風邪で体調を崩した際、主治医に瀉血を行ってもらい、1日で身体の半分の血液を失いました。彼の死因は、瀉血のやりすぎによる失血死だったのです。

当時の医師たちが、患者の命を危険に晒すだけのこんな馬鹿馬鹿しい医療行為を信じ切っていたのは、その治療が本当に効果的かどうか、判断する方法を持っていなかったためです。

つまり、このときはまだ医学は「科学的」ではなかったのです。

科学的根拠に基づく医療の創始者

「経験と事実こそ、もっとも間違いの少ない指針である」 ジェームズ・リンドの肖像。/Credit:Wikipedia Commons

では、「根拠のある医療」はいつから始まったのでしょうか?

その創始者と呼ばれるのが、イギリスの海軍軍医だったジェームズ・リンドです。

当時、船乗りの間では、謎の奇病「壊血病」が猛威を奮っていました。

壊血病は足腰が萎えて、歯茎が腐り、体中に謎の斑点ができるという病気です。海洋国家イギリスでは最終的に200万人近い船乗りが壊血病で命を落としたといいます。

壊血病については、迷信じみた治療法や、伝聞での治療法がありました。瀉血も当然、その1つでした。しかし、明確に効果のある治療法はまったく見つかっていなかったのです。

海軍軍医だったリンドも、この病の治療にあてがわれました。このとき明晰な頭脳を持つリンドが考えたことは、患者ごとに違う治療法を試してみれば、どの方法が有効かわかるのではないか? ということでした。

これこそが、現代の科学的医療の基礎となる「比較対照試験」の原型となるものです。

リンドは同程度の症状を示す壊血病患者を6つのグループに分けて、それぞれにりんごの果汁、塩水、アルコール、薬用ペーストなど異なる食事を与えました。そして、最後の一組にはオレンジとレモンを与えたのです。

Credit:planet-wissen

先に説明すると、壊血病はビタミンCの不足が原因で起こります。ビタミンCは主にコラーゲンを作るために必要な栄養素で、これが不足すると体中の組織が駄目になってしまいます。

しかし当時、ビタミンCはまだ発見されていません。

リンドがオレンジとレモンを患者に与えたのはまったくの当てずっぽうでした。

ところが、試験の結果は明白でした。他の水兵たちにまったく病状の改善が見られない中、レモンとオレンジを食べた水兵だけが目覚ましく病状を回復させたのです。

ビタミンCを知らなかったリンドは、なぜ患者が良くなったのか、そのメカニズムがわかりませんでした。

ただ果物が有効であることは明白だったため、リンドは航海で持ち運びがしやすいように濃縮ジュースを開発して船乗りたちにもたせます。

現代でもよく果物ジュースを買おうとすると濃縮還元と書かれていますが、これはリンドが壊血病のために開発した方法なのです。ただ、残念なことに、私たちがよく知っているように、濃縮還元法では果物のビタミンCが破壊されてしまいます。

このため、リンドの開発した濃縮ジュースはまったく壊血病に効果を示さず、彼は生きているうちに評価を受けることは出来ませんでした

もうひとりの科学的医療の創始者

フローレンス・ナイチンゲール。/Credit:Wikipedia Commons

現代の医療を拓いた人物として忘れてならないのはナイチンゲールです。

彼女のことは「なんか有名な看護婦さん」くらいの認識しかない人も多いかもしれませんが、ナイチンゲールは女性も高い教育を受けるべきという父親の方針で、非常に高度な数学の知識を持っていました

ナイチンゲールの生きた時代では、病院は非常に不衛生でした。彼女が赴任した野戦病院では、下水管がつまって汚物があふれかえり、周辺の道端には馬や犬の死骸放置され、病人を入れ替えてもシーツも取り替えないというような有様でした。

ナイチンゲールはこの病院を徹底的に掃除し、清潔なシーツに取り替え、病院の衛生環境を劇的に改善させました。

ナイチンゲールは医療の重要な決定は科学的根拠に基づいて行われるべきだという信念を持っていました。陸軍の死亡率も衛生環境が問題であることを示すために、彼女は統計データを証拠として上層部に掛け合ったのです。

ナイチンゲールが考案した円グラフ。/Credit:Wikipedia Commons

この野戦病院では、ナイチンゲールが来る前の兵士の死亡率は40%を超えていましたが、彼女の改革の後には死亡率がわずか2%まで下がったのです。

またこの時代、わざわざコストをかけて看護婦を育成するということは無駄だという考え方が主流でした。

そこでナイチンゲールは、2つに分けた患者グループを訓練された看護婦と、素人の看護婦に割り振り、患者の経過が明らかに異なることを統計学的に示したのです。

このようにナイチンゲールは慣習や偏見で物事を判断していた時代の医療を、数学の知識を用いて何が本当に有効で必要なのか示し、現代に繋がる医療の改革を行ったのです。

根拠ある医療に大切なことは?

ジェームズ・リンドの時代は世界のネットワークはまだ分断されていて、彼の仕事が広く伝わることはありませんでした。そのため壊血病の解決は、30年以上放置されていたのです。

しかし後にリンドの論文は著名な医師の目に留まり、再現が試された結果、壊血病を激減させて高く評価されることになりました。

リンドの行った比較対照試験は、瀉血医療に対しても行われ、瀉血が有効な治療法でないことも暴いていきます。

こうしたリンドの手法や、また統計学を用いたナイチンゲールの臨床試験が洗練され、現代の医療が確立されていったのです。

当時リンドが失敗した点も含めて、「科学的」な医療には2つの重要な要素があります。

1つは定量的で明確な基準を持った実験を行い結果を広く世界に発表して、新しく得られた知識をみんなが利用できるようにすること。

そしてもう1つが、報告内容から再現性が取れるかどうか、他の研究者たちに広く促すことです。

こうして発見された事実や治療法が、本当に正しいのかどうか広く検証されることで、現代の医学は成り立っています。

以前、STAP細胞の研究で、担当の研究者がかなり批判された出来事がありました。あの研究では、他の研究者たちが同じ方法を試しても、報告されているような再現性を取れないという点が問題にされたものです。

再現性が取れないということは、報告内容に間違いがあるということです。彼女の場合は、それが虚偽の報告をしたためだと判断され批判されたのです。

しかし、現実の研究では単純に勘違いをしているケースも、リンドのように正しいけれど重要なメカニズムを見落としたために再現できないケースも存在するでしょう。

だからこそ、研究を広く発表するということは重要な意味があるのです。

現在様々なコロナウィルス関連の報告が研究者たちから発信されています。話題性が高いため、そうした報告は即時ニュースとなって世界中に広まります。

私たちはそんな研究発表をすぐに事実として拡散しがちですが、最初の研究報告というのはあくまで、他の研究者たちに「事実であるか検証してください」という意味合いで行われていることを見落としてはなりません。

「科学的」根拠に基づく医療は、臨床試験を通して数々の検証に耐え、再現性が確保されたときに初めて事実と認められるものなのです。

歴史で学ぶ量子力学【1】「私の波動方程式がこんな風に使われるなんて…」

代替医療解剖(新潮文庫)
サイモン・シン, エツァート・エルンスト, 青木薫
新潮社 (2016-12-23)
Amazon.co.jpで詳細を見る
あわせて読みたい

SHARE

TAG