「ニキシー管」を使ったSFチックな腕時計が発売! 宇宙工学の技術も応用

product 2020/06/09
credit: Handcrafted workshop ,kickstarter

腕時計は時刻を知るためだけでなく、見た目のかっこよさやファッション性が重視されるアイテムです。

5月27日、宇宙開発の技術を使ったサイバーパンクでレトロな見た目の腕時計が発表されました。

アメリカの腕時計メーカーHandcrafted workshopは、時刻表示部分にスペースシャトルで使われていたVFD表示(蛍光表示)を用いた腕時計「NIXOID」を発売。現在、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資を受付中です。

蛍光表示は液晶ディスプレイよりも明るい発光で時刻を表示できるだけでなく、「ニキシー管」のような形状と組み合わせることで、SFチックな雰囲気を演出できます。

しかし、蛍光表示は消費電力が激しく小型化が困難なため、腕時計には不向きとされていたそうです。

そんな中、Handcrafted workshopは大型のニキシー管「IV-6」と小型の「IV-15」を用いて、午前午後表示、時刻表示、秒表示を可能にしたニキシー管腕時計を開発してしまいました。

credit: kickstarter

丸形の蛍光表示腕時計「Space 」

credit: kickstarter

Handcrafted workshopが今回kickstarterを通して発売する腕時計は2種類あります。そのうちの一つが丸い形とニキシー管が特徴の「Space」です。

中央に配置された2つのニキシー管が時刻を表していて、時計右側にあるスイッチを押すことで分や秒の表示、日付、バッテリー残量を知れます。

また、充電はUSBケーブルに対応。一回の充電で10日以上持つそうです。

また厚さが16.7 mm、重さが26 g(10円玉5枚ぐらい)と小さいので、普段使いしやすそうですね。

充電中は小さなニキシー管が赤く光り。とてもきれいです。/ credit: kickstarter
サイバーパンクな雰囲気がかっこいいですね / credit: kickstarter

角型の蛍光表示腕時計「Cyber」

credit: kickstarter

Handcrafted workshopが販売するもう一つの蛍光表示腕時計が角形の「Cyber」です。

CyberはSpaceと違ってニキシー管のような形状をしていませんが、時刻を表示できる蛍光表示部分が4つに増えています。

よって常に時刻と分を知ることが可能。かっこよさを少し犠牲にしてますが、視認性が向上しているようです。

さらに、CyberはSpaceより薄型になるよう設計されていて、厚さがわずか11.5 mmになっています。

CyberもUSBでの充電が可能。左上部が赤く光る。 / credit: kickstarter
Spaceよりスマートな印象 / credit: kickstarter

現在220万円以上の出資を集めている

専用の箱が付属 / credit: kickstarter

kickstarterでの出資額は約1,100円から。約30,000円の出資で丸形ニキシー管のSpaceが、約25,000円の出資で角形のCyberが手に入ります。

執筆時(6月9日 火曜日)では締切まであと21日を残し、71人から約54万円の目標金額を超える、223万円の出資金が集まっていました。

今回のクラウドファンディングでは、蛍光表示という特殊な技術が使われた腕時計を3万円以下で買えます。どちらの時計もピカピカに光る数字が特別な所有感を与えてくれるでしょう。

サイバーパンクな雰囲気を感じつつ、いつまでも眺めていられそうですね。

下の動画はSpaceとCyberの紹介映像です。

メカ好き必見!ブガッティのエンジンを載せた夢の腕時計が発表される

「終末世界」でも走れそうなイカついSUV車のデザインが公開

reference: kickstarter / written by shuni

ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG