science technology

「第3の腕」として使えるロボットアームが開発中! 壁もぶち抜く破壊力がスゴイ

2021.01.28 Thursday

2020.06.06 Saturday

1枚目の画像
Credit:Université de Sherbrooke
point
  • 腰に装着するロボットアームが登場
  • 実際の腕と同じ重量であり、第3の腕として装着者をサポートできる
  • 5kgの物を持ったり、バドミントンのラケットを持ってシャトルを素早く打ち返したりできる

過去に開発されてきたロボットのほとんどは、それが腕であろうと指であろうと、ゆっくりと動くものであり、用途は軽量作業に限られていました。

しかし、私たちが望んでいるのは、より人間の腕や手に近いものです。

そのような要望を満たすべく、カナダのシャーブルック大学機械工学科のキャサリン・ベロノー氏ら研究チームは、素早く動き、果物をそっと摘むこともできれば、壁をも破壊できるようなロボットアームを開発中です。

腰に取り付けられたロボットアームはまさに第3の腕として活躍してくれます。

ロボットアームの仕組み

2枚目の画像
Credit:Université de Sherbrooke

ロボットアーム自体は重さ4.2kgほどであり、実際の人間の腕とほぼ同じ重さです。

軽量ながら5kgまでの物体を持ち上げることができ、3.4m/sの早さで動かせます。

また、アームの関節と腕先の3つのツメによって多彩な動きが可能です。

動力には油圧式が採用されており、腰に装着するアーム以外にケーブルで繋いだ油圧式パワーユニットが必要となります。

3枚目の画像
Credit:Université de Sherbrooke

また、現段階では自律性がありませんので、「ロボットアームを人が操作する」必要があります。

しかし、研究チームは自律性を持たせるための研究も進めており、ロボットアームが人間の意図を汲み取って自律することを目指しています。

次ページどんな事ができるの?

<

1

2

>

サイエンス&テクノロジーのニュースscience technology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!