季節によって姿を変える。「生きた女神」が横たわる神秘的な庭園(イギリス)

spot

Credit: Pete & Sue Hill

イギリス南西部・コーンウォール地方にある「ロスト・ガーデンズ・オブ・ヘリガン」という場所をご存知でしょうか。

広大な敷地と豊かな自然に包まれた神秘的な庭園で、イギリス屈指の観光名所として知られます。

中でも有名なのが、柔和な表情で横たわる巨大な女神像です。

この像は、季節によって姿が変化するという不思議な特徴を持ちます。

人工の彫像に自然の生命力が吹き込まれた、まさに「生きた芸術」なのです。

400年の歴史を持つ神秘の庭園

庭園はもともと、1603年にトレメイン家という地主の所有地として始まりました。

200エーカーという広大な面積を持ち(1エーカーは約4000平方メートル)、代々、雇われた庭師によって清潔に保たれてきました。しかし、1914年の第一次世界大戦の開戦に伴い、庭師たちが戦地に赴き、庭は次第に荒廃していったのです。

その後、1991年になるまでその存在は忘れ去られ、完全な荒地と化していました。

Credit: ejlilie

それでも、90年代に庭園の修復プロジェクトが始まり、庭園は再び息を吹き返しました。

横たわる女神像が作られたのもこの時です。

地元の芸術家であるピートとスーのヒル兄妹が、プロジェクトの一環として1997年に像の建設を依頼されたのがきっかけでした。

それ依頼、庭園の象徴的な存在となっています。

季節とともに変化する女神

女神像は、庭園での体験を豊かで思い出深いものにする目的で作られました。

彫像は中空になっており、木材と防風網で骨格ができています。

その表面に泥・セメント・砂を混ぜたものを塗って体が与えられました。

製作時の様子/Credit: Pete & Sue Hill

そして、頭部や胴体ごとに異なる植物を植えることで、髪の毛や衣服が表現されました。

髪の毛には「モントブレチア」という葉が先細りになる植物が使われており、胴体は衣服と称して、コケやツタで覆われています。

もともと胴体は、地衣類を繁殖させるためにヨーグルトがコーティングされていたそうです。

表面をセメントなどで整形/Credit: Pete & Sue Hill

それでは、女神像がどのように変化するのか、季節を追って見ていきましょう。

まずは春。

Credit: Pete & Sue Hill

緑鮮やかな草木に覆われ、春のめざめを待っているかのようです。顔の表面にはコケが見られます。

そして夏。

Credit: Pete & Sue Hill

温暖な気候で、自然の強い生命力が感じられます。

しかし、これが秋になると…

Credit: nela.fernweh

命の移り変わりや儚さが巧みに表現されていますね。

そして冬。

Credit: Pete & Sue Hill

周囲の草木も枯れ、一面の雪が女神を覆います。

雪化粧のせいか、表情もまた違った美しさを見せていますね。

しかし、春がやってくると、また緑が芽吹き始め、柔らかな微笑みを取り戻します。

その様子はまるで、時間とともに年を重ねる人のようであり、生命の豊かさが感じられます。

生きてる間に一度は見てみたいものですね。

「ナルニア国」かな?地域丸ごと凍ってしまったエリー湖周辺の家々

一度入ったら戻れない?ロシアの「死者の街」

【編集注 2020.06.15 15:42】
記事内容に一部誤りがあったため、修正して再送しております。
reference: boredpanda / written by くらのすけ
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG