部屋に吊るされた「電球の揺れ」を見るだけで”盗聴”できてしまう技術が登場

technology

Credit:nassiben
point
  • 新たな諜報技術として、部屋に吊るされた電球から盗聴するシステムが発表された
  • 音波を電球の揺れからリアルタイムに再現するもので、ハッキングも室内へのデバイス設置も不要
  • 現状では、傘やカーテン越しの盗聴はできず、大音量でないと検出できない

スパイの7つ道具というものに、子供の頃ときめいた人は多いのではないでしょうか?

そんなスパイの秘密道具に、新しく脅威のシステムが追加されました。

それはなんと、離れた場所から部屋の電球を望遠鏡で監視するだけで、室内の音を盗聴できてしまうというものです。

室内の振動を読み取るタイプの盗聴システムは過去にも報告があります。しかし、このシステムは大規模な装置を必要とせず、わずか4万3千円ほどで実現できてしまうのです。

現状では制約も多いようですが、近い将来、窓越しの光で盗聴されてしまう日が来るかも知れません。

電球の振動で盗聴

遠い宇宙の天体は光(電磁波)だけを頼りに、その成り立ちや構造まで分析しています。

通信技術の多くは、今や光を使うことが当たり前なので、光から多くの情報を読み取れるとしても驚くには値しないかもしれません。

そうはいっても、部屋の電球の振動で盗聴できると言われると、びっくりしてしまいます。

イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学の研究者ベン・ナッシ氏が発表した論文によると、このシステムは望遠鏡と4万3千円の光学センサーだけで、部屋の音声や音楽をリアルタイムに再生できるといいます。

Credit:Lamphone: Real-Time Passive Sound Recovery from Light Bulb Vibrations,Cyber Security Labs @ Ben Gurion University

音とは物体の振動によって発生する圧力波です。

そのため部屋にあるあらゆるものが、音によって振動します。

lamphone」と名付けられたこのシステムは、部屋に吊るされた電球が、音によって肉眼では感知できないほど、ほんのわずかに振動する様子を検出することで、室内で発せられた音を再現します。

こんなランプの振動を望遠鏡で監視するだけで音が再生できる。/Credit:Credit:Lamphone: Real-Time Passive Sound Recovery from Light Bulb Vibrations,Cyber Security Labs @ Ben Gurion University

研究チームは実験として、およそ25メートル離れた橋の上から、マンションの一室の電球に望遠鏡を向けてみました。

この実験では、室内にイギリスのロックバンド、ビートルズやコールドプレイの音楽、またトランプ大統領の演説を流し、システムでの再現を試しました。

実験のシチュエーション。/Credit:nassiben

この結果、吊るされた電球表面の空気圧が、音によって非常にわずかに変動することで起きるミリ度レベルの振動を検出して、離れた場所からリアルタイムにスピーチや歌を復元することに成功しました。

再現した音楽を、音楽認識アプリ「Shazam」に聞かせてみると…

再現した音を音楽認識アプリShazamに聞かせると…。/Credit:Credit:Lamphone: Real-Time Passive Sound Recovery from Light Bulb Vibrations,Cyber Security Labs @ Ben Gurion University

ちゃんと認識してコールドプレイの「Clocks」だと表示されています。

実際、電球の揺れから再現された音楽を聞いてみたい人は公式サイトを覗いてみましょう。データが公開されています。

こうした技術はスパイの諜報活動などで活躍するものでしょう。

しかし、研究者のナッシ氏は諜報機関へツールを提供することが目的でこの研究を行ったわけではないと話しています。

彼は、こうした技術研究を公開することで、人々にスパイ攻撃で現在何が可能なのかを認識してもらうことが目的だと説明しています。

諜報技術の歴史

スパイが歴史上行ってきた技術は、現代でもストーカーや脅迫などの犯罪に利用される恐れがあり、諜報活動とは無縁の一般の人々でも、ある程度その手口を理解しておく必要はあるでしょう。

スパイ活動が激化していたのは、米ソの冷戦時代ですが、1885年には速くもボタンに収まるようなサイズの小型カメラが考案されていました。

ソ連は数十年前に、窓の振動を赤外線の反射で読み取り、室内の会話を盗聴するという、今回の「lamphone」の先駆けというべきものを開発しています。

60年前には、アメリカが監視衛星を開発しています。その名も「コロナ」というこの監視衛星の開発当時は、デジカメも、映像の電子送信もなく、撮影されたフィルムを大気圏へ打ち出して回収するというすごいシステムでした。

もう1つ、スパイの行うローテクな技にハニートラップというものがあります。

デヴィ婦人の旦那として有名な、インドネシア初代大統領のスカルノ氏は、ソ連に脅迫目的でハニートラップを仕掛けられ、若い女の子で一杯のパーティが開かれた飛行機に誘い込まれ盗撮されています。

ただ、剛毅なスカルノ大統領は、その盗撮映像を見せて脅迫してきたソ連の担当官に「よく映ってる。俺の男っぷりをみんなにも見せたいからコピーをくれ」と要求して困惑させたと伝えられています。

諜報活動に新たな歴史を刻むのか?

今回の研究に似たシステムとして、、MITやマイクロソフト、アドビが協力して開発した「ビジュアルマイク」があります。

これは室内の様々なモノの振動から音を再構築できるシステムで、テーブルに置かれたポテトチップスの袋の微振動からでも、部屋の音楽や会話を再構築できます。

非常に似た印象のシステムで、しかもこちらの方がヤバそうな印象もありますが、これには記録された振動を分析するために、大規模な計算能力を持つコンピューターと、多大な解析時間が必要でした。

一方の「lamphone」はリアルタイムで音を再構築できます

現状、ランプは天井から吊るすタイプでなくてはならず、壁に埋め込まれたタイプの照明では機能しません

また、ランプの傘越しや、カーテン越しでは電球の振動を検出できないと言った制約があります。さらに今回の実験では、部屋の音は最大音量で再生した音楽やスピーチであり、小さな会話の声を検出することはできません

なので、ただちに脅威になるものではありませんが、歴史を振り返れば、この手の技術が恐ろしい速度で進歩するのは自明のことです。

なにより、ハッキングも、室内に侵入してデバイスを設置する必要もないとなると、こうした技術が脅威になる日は近いかも知れません。

そもそもイスラエルは世界に名だたる諜報機関「モサド」を有する国家なので、とっくに実用段階の技術を持っていたりするかも知れません。

私たちとしては、こういう技術はスパイ映画の中で楽しく使ってもらいたいものです。

この研究は、イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学の研究者ベン・ナッシ氏を筆頭としたチームより発表され、研究の成果は情報セキュリティカンファレンス「Black Hat USA 2020」にて8月に発表予定です。
論文は、暗号学の研究を公開する「Cryptology ePrint Archive」にて閲覧可能です。
Lamphone: Real-Time Passive Sound Recovery from Light Bulb Vibrations
https://eprint.iacr.org/2020/708

冷戦期のスパイが残した「旧ソ連の無線機」がドイツの森で発見される

reference: techxplore,nassiben.com/ written by KAIN
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE