technology

部屋に吊るされた「電球の揺れ」を見るだけで”盗聴”できてしまう技術が登場 (3/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.06.16 Tuesday

前ページ諜報技術の歴史

<

1

2

3

>

諜報活動に新たな歴史を刻むのか?

今回の研究に似たシステムとして、、MITやマイクロソフト、アドビが協力して開発した「ビジュアルマイク」があります。

これは室内の様々なモノの振動から音を再構築できるシステムで、テーブルに置かれたポテトチップスの袋の微振動からでも、部屋の音楽や会話を再構築できます。

非常に似た印象のシステムで、しかもこちらの方がヤバそうな印象もありますが、これには記録された振動を分析するために、大規模な計算能力を持つコンピューターと、多大な解析時間が必要でした。

一方の「lamphone」はリアルタイムで音を再構築できます

現状、ランプは天井から吊るすタイプでなくてはならず、壁に埋め込まれたタイプの照明では機能しません

また、ランプの傘越しや、カーテン越しでは電球の振動を検出できないと言った制約があります。さらに今回の実験では、部屋の音は最大音量で再生した音楽やスピーチであり、小さな会話の声を検出することはできません

なので、ただちに脅威になるものではありませんが、歴史を振り返れば、この手の技術が恐ろしい速度で進歩するのは自明のことです。

なにより、ハッキングも、室内に侵入してデバイスを設置する必要もないとなると、こうした技術が脅威になる日は近いかも知れません。

そもそもイスラエルは世界に名だたる諜報機関「モサド」を有する国家なので、とっくに実用段階の技術を持っていたりするかも知れません。

私たちとしては、こういう技術はスパイ映画の中で楽しく使ってもらいたいものです。

この研究は、イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学の研究者ベン・ナッシ氏を筆頭としたチームより発表され、研究の成果は情報セキュリティカンファレンス「Black Hat USA 2020」にて8月に発表予定です。
論文は、暗号学の研究を公開する「Cryptology ePrint Archive」にて閲覧可能です。
Lamphone: Real-Time Passive Sound Recovery from Light Bulb Vibrations
https://eprint.iacr.org/2020/708

冷戦期のスパイが残した「旧ソ連の無線機」がドイツの森で発見される

reference: techxplore,nassiben.com/ written by KAIN
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ

<

1

2

3

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!