マスクの格付けが発表される。 あなたはどのタイプのマスクを使っている?

product

Credit:Amanda M. Wilson
point
  • 最高のマスクはやはり「N99マスク」「N95マスク」だった
  • 最悪のマスクは「スカーフ」「Tシャツ」を代用すること
  • サージカルマスクは安定の保護性能を持つ
  • 素材の重ね合わせ「ハイブリッドマスク」や掃除機のフィルター素材も効果的

コロナ禍にあってフェイスマスクの有用性はたびたび議題の的となってきました。

マスク不足から様々なマスクが登場しており、使い捨てマスクから自家製マスクまで、その種類は様々です。

そんな中、米国アリゾナ州メル&イーニッドザッカーマン公衆衛生大学のアマンダ・M・ウィルソン氏らの研究によって、10種類以上のマスク格付けがなされました。

これにより、最高のマスクと最悪のマスクが決定されることになりました。

最高のマスクは「N99マスク」「N95マスク」に決定!

Credit:depositphotos

研究チームは医療マスクであるN99マスクとN95マスクが新型コロナウイルスをフィルタリングするのに最も効果的であると発表しました。

N95マスクとは、フィルターで最も捕集しづらい0.3μmの試験粒子を95%以上捕集できるものであり、N99マスクは同様の粒子を99%以上捕集できるものを指します。

これらのマスクは鼻と口まわりをしっかりと密閉でき、ウイルス粒子がほとんど出入りしないようになっています。また、空気中の病原菌をろ過するために、細かく絡まりあった繊維が含まれています。

そのため、医療従事者たちはN99マスクとN95マスクを利用すべきでしょう。

また、研究者たちは、N99マスクが高度に汚染された環境に20分間さらされた人の感染リスクを94~99%削減することを発見しました。ちなみに、N95マスクもほぼ同等の保護効果をもっています。

最近の別の研究では、N95マスクがサージカルマスクよりも優れた保護を提供するとも判明しています。

第3位「サージカルマスク」

Credit:depositphotos

N95マスクに劣るとはいえ、サージカルマスクはN99マスク、N95マスクに次ぐ高い保護性能を持っています。

サージカルマスクは主に医療従事者のために用意されたマスクであり、不織布でできています。

N95マスクを入手できない医療従事者にとって最も安全なマスクだと言えるでしょう。

2013年の調査では、サージカルマスクは自家製のフェイスマスクよりも、ウイルスを含むエアロゾルの遮断効果が3倍高いと判明しています。

「ハイブリッド」マスクや「掃除機の集塵バッグ」マスクも効果的

Credit:depositphotos

最近の研究では、シルク、シフォン、フランネルのような材料と綿を組み合わせるハイブリッドマスクが、高い保護効果をもたらすと分かっています。

また、研究者たちはハイブリッドマスクがN95マスクよりも小さな粒子のフィルタリングに優れている可能性を示唆していますが、大きな粒子のフィルタリングには必ずしも優れているわけではないようです。

密封性なども考えると最高のマスクはやはりN99・N95マスクになるでしょう。しかし、自家製マスクにおいて最も安全なのはハイブリッドマスクと言えます。

さて、別の院内感染における研究では、真空掃除機の集塵バッグの材料が、エアロゾルのろ過にサージカルマスクとほぼ同じくらい優れていると判明。

この材料でできたマスク装着者は、新型コロナウイルスに30秒さらされる環境では感染リスクが83%減少し、20分さらされた場合でも感染リスクを58%減少させたのです。

サージカルマスクすら入手できない医療関係者は、掃除機の集塵バッグを利用すると良いかもしれません。

最悪のマスクは「Tシャツ」「スカーフ」だった

Credit:depositphotos

「そもそもマスクと言えない」わけですが、Tシャツやスカーフで鼻や口を覆っている人を見かけることがあるのではないでしょうか?

また、それらを材料として自家製マスクを作る場合もあるでしょう。

しかし研究では、これらは新型コロナウイルスの大小粒子をブロックするのに最も効果的でない材料とされています。

「スカーフと綿のTシャツ」マスクの装着者は、新型コロナウイルスに30秒さらされる環境では感染リスクを約44%減少させ、20分間さらされた場合では感染リスクを24%減少させたようです。

他のマスクと比べると、感染リスク低減割合が非常に低くなっています。

もちろん、マスクをしないよりはマシですが、「マスクをしている風」で安心すべきでないことは明らかですね。

現在でも新型コロナウイルス感染は拡大し続けています。1度収まった地域でも再度広まる傾向があり、効果的なマスク選択が引き続き必要だと言えるでしょう。

研究の詳細は6月2日、「The Journal of Hospital Infection」に掲載されました。

COVID-19 and non-traditional mask use: How do various materials compare in reducing the infection risk for mask wearers?
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7264937/#!po=41.6667

マスクをしているときにウイルスはどう広がるの?流体力学で進む解明

reference: sciencealert / written by ナゾロジー編集部
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

あわせて読みたい

SHARE

TAG