「ロータリーエンジン」の回転運動をレゴで再現する猛者あらわる

toy

Credit:Akiyuki Brick Channel

reference: mikeshouts

レゴは自由度の高い組み立て式のおもちゃであり、複雑な作品を生み出すレゴマニアは世界中に存在します。

その中のひとりであるakiyuki氏は、Akiyuki Brick Channelにてレゴで再現されたロータリーエンジンを公開しました。

もちろん実際のエンジンとしては使用できませんが、ロータリーエンジン独特の動きを忠実に再現しており、その仕組みを学ぶことができます。

ロータリーとは

現在、一般的なとして知られているのは、ピストン運動によって作用するレシプロです。ほとんどの車はこの往復動機構で走っています。

しかし、希少ながら「ロータリー」と呼ばれるものも存在しています。こちらは中心にある三角型のローターが回転することでエネルギーを作るのです。

マツダ13B型ロータリー / Credit:Softeis/wikipedia

ロータリーには構造上部品数が少なく、コンパクトかつ軽量というメリットがあります。また回転運動でが作動するため振動や騒音が少ないのです。

他とは異なった独特の音に魅了される人も少なくありません。

現在のロータリーは他と比べて燃費が悪いため一般的ではなく、「マニア向け」のだと言えるでしょう。

でロータリーを再現

そんなロータリーをakiyuki氏はで作り上げてしまいました。彼がモデルにしたのは、マツダの13B-MSP “RENESIS” です。

Credit:Akiyuki Brick Channel

ビデオ内ではパーツ1つ1つを丁寧に作り上げていく様子が映し出されています。

なので三角ローターは電気モーター稼働になっていますね。

Credit:Akiyuki Brick Channel

ロータリーは、三角ローターによって吸気・圧縮・燃焼・排気を1回転のうちに行えます。作成されたもこの点が正確に再現されています。

Credit:Akiyuki Brick Channel

またローターの回転に合わせてオレンジのランプが点灯すようになっており、チャンバー内の燃焼がリアルに表現されていますね。

Credit:Akiyuki Brick Channel

akiyuki氏のは精巧に作られているため、ロータリーの仕組みを学ぶのに役立つでしょう。

好きだけでなくエンジニアも必見なビデオなのです。

 

このビデオは「Akiyuki Brick Channel」に投稿されています。

Lego Rotary Engine (Wankel Engine) ロータリー
https://www.youtube.com/watch?v=WnrrxUuZl4c
あわせて読みたい

SHARE

TAG