1枚目の画像
発見された1100年前の金貨/Credit: bbc
history archeology

10代の若者が「1100年前の金貨」を大量発見!豪邸が買えるほどの価値(イスラエル)

2020.08.26 Wednesday

イスラエル中部・ヤブネにある遺跡にて、約1100年前の金貨425枚が発見されました。

見つけたのは数名の10代のボランティアで、夏休み期間のユースプロジェクトの一環として発掘調査に参加していたそうです。

第一発見者のオズ・コーエンさんは「地面を掘っていると、何か薄い葉っぱのようなものを見つけたんです。よく見てみると古い金貨だと気づき、とても驚きました」と話しています。

しかも、この金貨で当時の豪邸が一軒買えるほどの価値があるようです。

豪邸が買えるほどの価値

調査を主導したイスラエル考古学庁(IAA)のエリー・ハダッド氏によると、金貨の大半は10〜11世紀のアッバース朝時代のもので、中にはもう少し前の時代に遡るものも含まれています。

アッバース朝は、750年〜1258年まで続いたイスラム帝国第2の世襲王朝で(1番目はウマイヤ朝)、西は北アフリカから東は中央アジアまで広がっていました。

1枚目の画像

発見されたアッバース朝の金貨は一枚24カラット(1カラット=0.2グラム)で、合計845グラムありました。

当時としては莫大な価値があり、金貨一枚でウシやウマが一頭、全部ならアッバース朝の大都市で豪邸が一軒買えるほどだそうです。

2枚目の画像

ハダッド氏は「一度の発掘調査で、これほど大量の金貨が出てくるのはきわめて稀です。そもそも金は非常に価値が高く、当時は熱で溶解して世代から世代へと再利用されたため、遺跡から見つかること自体めったにありません」と指摘します。

次ページ敵国である東ローマ帝国のコインも混じっていた

<

1

2

>

歴史・考古学history archeology

もっと見る

Special

注目pick up !!