「バッテリー不要」のゲームボーイを作る”地球に優しい”研究

toy

Credit:northwestern
reference: northwestern

米国ノースウェスタン大学電気情報工学部のジョサイア・ヘスター助教ら研究チームは、バッテリー不用のゲームボーイを作成しました。

ゲームに必要な電力はソーラーパネルとボタンを押すことで得られるため、外部のバッテリーを全く必要としません。

さらにこのゲームボーイはニンテンドーが1989年に発売した8bitの「ゲームボーイ」ソフトをそのままプレイできるとのこと。

この研究は「長時間ゲームができるようになる」という打算的な目的で行われているように見えますが、実はとっても地球にやさしい研究なのです。

バッテリーが要らないボーイとは?

Credit:northwestern

作成されたボーイは、2つの電力供給源を持っています。

1つは、画面の周囲とボタン下に貼られているソーラーパネルです。太陽の下では持続的にエネルギーを供給してくれます。

2つ目は、ユーザーによるボタン発電です。ユーザーがプレイでボタンを押すごとに、そのエネルギーが利用される仕組みになっています。

さらに電力消費を抑えるためにボーイのハードウェアとソフトウェアのシステムを根本から再設計したとのこと。

しかし現段階ではプレイに永続性はありません。どうしても電力が不足するため、断続的に僅かな時間中断されてしまうのです。

そのため、新ボーイはデータの記憶性能を強化しています。不揮発性メモリ(電源供給なしで記録保持できるメモリ)を使用し、電力回復時に瞬時にデータを復元できるのです。

データは自動保存されるので、従来のボーイのように「セーブを忘れた」という失敗もなくなるでしょう。

バッテリーをなくす意義と限界

Credit:northwestern

現段階では、新ボーイは従来のボーイの性能には及んでいません。

太陽の下にあって中頻度のボタン操作が必要なの場合でも、プレイ10秒間ごとに1秒未満の僅かな中断が挟まります。

そのため研究者たちは「チェス、ソリティア、テトリスなどの一部のはプレイ可能だが、アクションなどは難しい」と考えています。

またサウンドがないことや太陽光の状態に左右されることもユーザーの没入感を損なわせるものとなっています。

このように不完全な部分が目立ちますが、この取り組みが目指すところは、単純に「ずっとできる」というものではありません。

私たちに欠かせないコンピュータからコストがかかり、環境に有害で、最終的に埋め立て処分となるバッテリーを無くす」ことにあるのです。

バッテリー不要のボーイが実現すれば、それを応用してコンピュータのバッテリーもなくせるかもしれません。

もちろん、21世紀の最新携帯機がバッテリー不用になるまでには遠い道のりがあります。地球のの改善に役立つのはもっと遠い未来でしょう。

しかし30年前の携帯機器を不完全とはいえバッテリーなしにできたのです。これは彼らの目標を達成するための確実な一歩となりました。

バッテリー不用のボーイはUBICOMP2020で発表予定にあり、今後も改善されていくでしょう。

あわせて読みたい

SHARE

TAG