1枚目の画像
Credit:ESO/M. Kornmesser/L. Calçada & NASA/JPL/Caltech
space

2021.01.27 Wednesday

2020.09.15 Tuesday

金星の大気中に「生命の痕跡」を発見!微生物が生成する”ホスフィン”が検出される (2/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

多くの人々が混乱した「モンティ・ホール問題」! 直感に逆らう確率問題の原因は?

前ページ金星の雲から見つかった生命の痕跡

<

1

2

3

>

ホスフィンとはなんなのか?

ホスフィンはリン化水素(PH3)とも呼ばれるリンと水素の化合物です。無色で悪臭(魚の腐ったような臭い)があり、有毒な化学物質ですが地球大気中にもわずかながらに含まれています。

1枚目の画像
ホスフィン/Credit:Wikipedia

地球ではホスフィンは、嫌気性バクテリアが生成しています。鉱物や生物由来のリン酸塩をバクテリアが吸収して、水素を加えて排出するのです。

もちろん、ホスフィンは生物以外の要因で自然発生することもあります。木星のような巨大ガス惑星にも大気中に含まれますが、木星のような極端な環境でない場合、その生成量はごく僅かです。

今回の研究でも、ホスフィンが生成される量を、太陽光の影響、火山活動、地表から飛ばされる鉱物や稲妻など非生物的な要因で計算しましたが、それは観測された分量の1万分の1程度にしかなりませんでした

観測されたホスフィンの量は、非生物的な要因では説明することができないのです。

つまり、観測された濃度(20ppb)の金星大気中のホスフィンの供給源は、地球と同様にバクテリアである可能性が非常に高いと考えられるのです。

次ページなぜ「金星大気中の生命」が重要な発見だとされているのか?

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!