“腐らない伝説”を持つお菓子「トゥインキー」、8年放置して食べた結果「腐った銀杏のような味」

8年前のトゥインキーは腐っていなかったのか?
8年前のトゥインキーは腐っていなかったのか? / Credit: Colin Purrington
reference: npr

アメリカ・ホステス社によって開発されたケーキ菓子「トゥインキー」には、「何年たっても腐らない」という都市伝説があります。

人気アニメ『ザ・シンプソンズ』にも「トゥインキーのクリームは8年経つと発酵してアルコールになる」という話が登場したほどです。

そしてこのほど、ペンシルベニア在住の男性が、地下室で8年間放置されていたトゥインキーを食べるという暴挙に出ました。

果たして、トゥインキーと男性は無事だったのでしょうか。

同じ8年でも腐り方がまったく違った

この無謀な挑戦をしたコリン・パリントンさんは「2012年のホステス社の破産宣告を受けて、トゥインキーを箱買いし、地下室に取っておいた」と話します。

それから時は経ち、つい先日、8年前のトゥインキーのことをふと思い出して、地下室に行ったそう。

箱を開けてみると、トゥインキーはそれぞれ違った変化を見せていました。

新品とあまり変わらないものから、黒いシミができたもの、真空パックされたように縮んだものなど、さまざまだったのです。

変化が違うトゥインキー
変化が違うトゥインキー / Credit: Colin Purrington

パリントンさんは、都市伝説を検証するべく、最も新品に近いトゥインキーを袋から出し、一口かじってみました。

問題の味については、自身のTwitter上にて「甘さがなく、表面が硬くなっており、腐った銀杏のような味がした」と述べています。

当然ながら、トゥインキーは吐き出したそうですが、「箱にはちゃんと、消費期限が2012年11月26日と記載されているので、何が起きてもすべて私の自己責任です」と話しています。

8年前(左)と新品(右)
8年前(左)と新品(右) / Credit: Colin Purrington

また「トゥインキーの変わり方が、菌類によるものなのか、あるいは微生物とは無関係な何かが原因なのか疑問に思った」と続けました。

包装時に「真菌」が入り込んでいた?

幸運なことに、パリントンさんのツイートは、ウェストバージニア大学の菌類学者であるブライアン・ラヴェット氏とマット・カッソン氏の目に留まりました。

両氏いわく「トゥインキーのミイラに何が起こったのか気になった」とのこと。

実はパリントンさん自身もまったくの門外漢ではなく、進化生物学の博士号を持っており、数年間、大学で教鞭を執っていた経験があります。そのため、「どんな菌が私のトゥインキーを食べたのかとても興味があった」といいます。

しなびたトゥインキー
しなびたトゥインキー / Credit: Colin Purrington
真空状態になっていたトゥインキー
真空状態になっていたトゥインキー / Credit: Colin Purrington

調査の結果、黒いシミのあるトゥインキーと真空状態になったトゥインキーから真菌の胞子が確認されました。

両方ともトゥインキーを包装する際に、空気中の真菌が袋の中に入り込んだものと見られています。

また、しなびたトゥインキーの袋は確かに、真空パックのように内側で吸引されていました。これは真菌が8年間で袋内の空気を消費し尽くしてしまったためでした。

これが原因で真菌の成長もストップしてしまったようです。


菌類の特定はまだ完了していませんが、現時点で、空気中に最も一般的にいる「クラドスポリウム(クロカビの一種)」と推測されています。

研究チームは今後、トゥインキーから採取した菌の遺伝子配列を調べることで、種類を特定する予定です。

トゥインキーから採取された菌類の拡大図
トゥインキーから採取された菌類の拡大図 / Credit: Colin Purrington

ちなみに、生みの親であるホステス社によると、トゥインキーの消費期限は65日前後となっています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG