採血でアルツハイマーになるかを最大4年前から予測可能
採血でアルツハイマーになるかを最大4年前から予測可能 / Credit:canva
medical

アルツハイマー病は予測できる、血液検査により「発症の4年前から判定可能」に! (3/3)

2021.01.28 Thursday

2020.12.01 Tuesday

前ページ血液成分は4年前から兆候を示していた

<

1

2

3

>

軽い物忘れをきっかけにアルツハイマー病になるのを食い止める

アルツハイマーになる前の軽い認知症なら薬で進行をとめられる
アルツハイマーになる前の軽い認知症なら薬で進行をとめられる / Credit:canva

今回の研究により、自分がアルツハイマー病になるかを血液検査によって手軽に知ることが可能になりました。

物忘れなどの軽度の認知症はアルツハイマー病の前段階として、65歳以上の4人に1人があらわれることが知られているものの、適切な治療によって進行を防ぐことが可能です。

簡易な血液検査によって誰もが将来のリスクに備えられるようになれば、結果的にアルツハイマー病の発生件数を大幅に減らすことができるでしょう。

【編集注 2020.12.02 12:00】
記事内容に一部誤解を招く表記があったため、修正して再送しております。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!