NASAも説明不可能?「謎の氷の穴」が北極で発見される

spot 2018/04/23
Credit: NASA
Point
・NASAが北極の調査中にナゾの穴を発見
・これまで見たこともないようなその穴に、NASAもまだ原因がわからず
・地下水や海流の温水が氷に穴を開けたのではないか?といった説もある

 

NASAの科学者が北極海の定期飛行において、奇妙な「氷の穴」を発見しました。場所はボーフォート海東部。これまで見たことのないようなその「穴」に、研究者たちは驚き、その解明に苦しんでいます。

ジョン・ゾンターク氏がその謎の穴をカメラに収めたのは4月14日。海氷の観察のために飛行をしていたゾンターク氏でしたが、その奇妙な穴が今回の報告の目玉となってしまいました。

Credit: Pixabay

ゾンターク氏と同じチームに所属するネイサン・クルツ氏は、「その穴が、どのようにして作られたのかわかりません。穴の周りの半円状の線に関しても同様です。こんなものを目撃したのはこれが初めての経験です」と語っています。

メリーランド大学の氷河学者であるクリス・シューマン教授は、その穴の原因について、内地の山からの温かい地下水によって、あるいは特定の海流が温水を運ぶことで氷が溶かされたのではないかと考えています。

いずれにせよ、この写真だけではNASAもお手上げ。真相はまだ謎のままです。迷宮入りにならぬよう、解明に向けて新たなる情報が待たれます。

 

脅威の潜水能力を誇る「海の民」の秘密を解明。鍵は彼らの「遺伝子」にあった

 

[4.23 16:00 位置情報を追記して再送]

via: newsweek / translated & text by なかしー

 

関連記事

人類最古のDNAを調査、考古学の謎が一つ解ける

お宝が眠ってた。「中世の廃村」がイギリスで発見される

 

SHARE

TAG

spotの関連記事

RELATED ARTICLE