人の顔より大きい
人の顔より大きい / Credit: Jake Gray
animals plants

人の顔より大きい「モンスター級のクモ」と同居する男性が衝撃写真を公開! 一緒に暮らす理由とは?

2021.01.27 Wednesday

2020.12.28 Monday

オーストラリアに生息する生き物は、日本とレベルが違います…

先月、オーストラリア在住の男性、ジェイク・グレイさんが、1年間一緒に暮らしているパートナーをFacebook上で紹介しました。

そのパートナーとは、人の顔よりも大きな巨大グモです。

苦手な人なら見るだけで失神しそうなサイズで、日本では絶対に見られません。

なぜ一緒に住んでいるのでしょうか。

iflscience https://www.iflscience.com/plants-and-animals/australian-man-let-a-spider-the-size-of-a-face-live-in-his-lounge-for-a-year/ , dailymail https://www.dailymail.co.uk/news/article-8992153/Brave-man-allows-massive-huntsman-live-Queensland-house-year.html

1年間ですくすく成長、ヤモリを食べるまでに

ジェイクさんは、オーストラリア北東部クイーンズランド州のケアンズに、奥さんと息子のジャックくん、娘のベラちゃんと4人で暮らしています。

ジェイクさんは「私たち家族はこれまでも家にクモが出ると、退治せずにそのまま住まわせていました。

有害な殺剤を使わなくてもゴキブリを食べてくれるからです」と話します。

しかし、これほど巨大なクモなら、まだゴキブリの方がマシではないでしょうか…。

一家と同居する巨大グモは、アシダカグモ科の一種で、性別はメス、愛着がわくように「シャーロット」という名前をつけているそうです。

ジェイクさんは「最初にシャーロットを見つけたのは昨年の11月頃で、その時から普通のアシダカグモより大きかったです。

次に見かけた時は、さらに大きくなっており、しかもヤモリを食べているところでした。

1年かけてその成長を見守ってきましたが、まだもう少し大きくなるでしょう」と話しています。

壁にはりつくシャーロット
壁にはりつくシャーロット / Credit: Jake Gray

アシダカグモは日本でも見られますが、これほど大きくなることはありません。

ゴキブリが大好物なため、アシダカグモを見かければ、ほぼ100%の確率でゴキブリがいると言われます。

しかし、見た目の恐さとは裏腹に臆病で、人に対してまったくの無害です。

人に出くわすと噛み付くより常に逃げることを優先し、その上、殺虫剤の代わりに自宅の害虫を駆除してくれます。

かと言って、アシダカグモと一緒に暮らすのは気がひけるでしょう。

オーストラリアの車内で見つかったクモ
オーストラリアの車内で見つかったクモ / Credit: dailymail
オーストラリアの庭先で見つかったクモ
オーストラリアの庭先で見つかったクモ / Credit: dailymail

オーストラリアには、シャーロットサイズのクモがゴロゴロいます。

日本のアシダカグモはゴキブリを退治するので精一杯ですが、オーストラリアではネズミや小さなオポッサムまで捕食することもあるそうです。

こちらがその証拠写真。

オーストラリアは、クモ以外の動物や虫も普通よりずっと大きいです。

生き物が苦手だと、オーストラリアには絶対に住めませんね。

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!