コンピューターやネットはいかに誕生したのか?
コンピューターやネットはいかに誕生したのか? / Credit: jp.depositphotos
technology

「コンピュータ」はどうやって生まれたのか? 世界をつなぐインターネットの誕生秘話 (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2021.01.05 Tuesday

前ページ計算手が機械に変わるまで

<

1

2

>

コンピュータの誕生〜インターネット時代へ

コンピュータの土台となった「チューリングマシン」

アラン・チューリングはわずか24歳で、現代のコンピュータの土台となる論文を書き上げました。

しかし、チューリングは、具体的な機械を作るつもりは毛ほどもなかったのです。

彼の目的は、1928年にドイツ数学者ヒルベルトが残した「決定問題」という数学の難問を解くことでした。

アラン・チューリング
アラン・チューリング / Credt: ja.wikipedia

決定問題とは、簡単に言えば、「あらゆる数学の命題(例えば、2+2=4)について、答えが得られるのか、あるいは決定不能であるのか」を知りたいというものです。

もし数学が決定可能であれば、どんな問題でも「イエスかノー」で確実に答えられる機械が作れます。

チューリングは「その性能を備えるには、どんな機械だったら良いのか」を頭の中で想像しました。

そのアイデアが「チューリングマシン(1936)」です。

チューリングマシンは、どんな計算も自動で行える理論上のモデルであり、これがコンピュータの「ソフトウェア(アルゴリズム)」の原型になっていました。

実際、1941年には、チューリングマシンを図らずも具現化した初のコンピュータ「Z3」がベルリンで誕生しています。

「Z3」のレプリカ(ミュンヘン)
「Z3」のレプリカ(ミュンヘン) / Credt: ja.wikipedia

世界を繋ぐ「インターネット」の登場!

最初は一部屋を埋めつくすほど巨大だったコンピュータも、時代につれてどんどん軽量化されました。

このコンピュータをさらに進化させたのがインターネットです。

インターネット元年は、1961年と言われます。

その背景には「コンピュータはもっと効率的な方法で接続できるはず」という考えがありました。

それまでの通信システムは、地点Aと地点Bを直接つなぐもので、とても非効率でした。

クラインロック氏
クラインロック氏 / Credit: en.wikipedia

そこでマサチューセッツ工科大学の技術者、レナード・クラインロック氏(1934〜)は、「地点A〜Bへメッセージ全体を直接送るのではなく、メッセージを細かく刻んで(=パケット)、それぞれをネットワークに流して自由な経路を選ばせる」という方法を1961年に考案しました。

パケットはあて先の機械で再びメッセージとして組み立てられます。

直通の電線より効率がよく、2地点のコンピュータ間の接続がダウンした場合は、別のルートを探す柔軟性もありました。

1966年には、アメリカの高等研究計画局(ARPA)が、研究所内のコンピュータをつなぐネットワークの作成をクラインロック氏に依頼。

これが「アーパネット(ARPANET)」と呼ばれるようになります。

1974年時点の「アーパネット」の範囲
1974年時点の「アーパネット」の範囲 / Credt: ja.wikipedia

インターネットはその後も改良を受けながら、世界各地の都市をつないでいきます。

そして1989年、イギリスのコンピュータ科学者であるティム・バーナーズ=リー氏(1955〜)が、インターネット上で文書を自由に閲覧したり、共有するシステムがないことに不満を抱き、あるソフトを開発しました。

それが「ワールドワイドウェブ(WWW)」です。

これこそ、世界中のホームページをネットを通じて閲覧できるシステムであり、世界最初のウェブサイトの誕生を告げました。

バーナーズ=リー氏
バーナーズ=リー氏 / Credt: ja.wikipedia

こうした歴史の到達点として、現在のスマホやノートパソコンがあります。

90年代初期にインターネットで伝えられる情報は、世界中の情報の約1%でしたが、今ではほぼ100%に近づいています。

コンピュータやインターネットの進化は、これからさらに加速していくでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!