出産用に発明されたチェーンソー
出産用に発明されたチェーンソー / Credit: commons.wikimedia
history archeology

2021.04.04 Sunday

チェーンソーは帝王切開の「手術道具」として作られた? (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

なぜシロクマは南極にいないのか?

前ページ器具がなかった時代の「帝王切開」

<

1

2

>

出産用として「チェーンソー」が誕生

帝王切開をしなければならない機会は、それ以後も世界各地で多々ありました。

しかし、専用の器具がないため、時間もかかる上に妊婦の苦痛は大きくなります。

そこで18世紀後半、2人のスコットランド人医師、ジョン・エイトケンとジェームズ・ジェフリーが、帝王切開を素早く行うための器具を発明しました。

それが「チェーンソー」です。

現代の帝王切開は、下腹部を縦か横方向に切って胎児を取り出すのですが、この時は違いました。

当時は、外陰部の上にある恥骨を切って骨盤を広げることで、引っかかっている胎児を取り出していたのです。

チェーンソーは、この作業を効率化させる道具でした。

想像するだに痛々しいですが、従来のナイフやハサミより、時間も大幅に短縮でき、それに伴う苦痛も軽減できたのです。

その後、チェーンソーは四肢の切断手術にも有用であるとして、19世紀まで医療器具として使われました。

しかし、麻酔剤や安全な帝王切開の登場により、チェーンソーはどんどん下火にあり、医療分野から姿を消していきます。

そして1905年になって、チェーンソーは木材伐採のために機械化され、現在の形になりました。

一番恩恵を受けているのは、ホラー映画界かもしれませんが。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!