パーサヴィアランスの火星着陸成功に歓喜するNASAのチームメンバー。
パーサヴィアランスの火星着陸成功に歓喜するNASAのチームメンバー。 / Credit:NASA/Bill Ingalls
space

NASAの火星探査機「パーサヴィアランス」が着陸成功! 火星のカラー画像も到着

2021.02.22 Monday
NASA ScienceMARS 2020 MISSION PERSEVERANCE ROVER https://mars.nasa.gov/mars2020/

2021年2月18日に、NASAの火星探査機「パーサヴィアランス」が火星に着陸成功しました。

パーサヴィアランスの火星での任務は、古代の微生物生命の痕跡を探すことです。

パーサヴィアランスの火星着陸

ローバーの着陸は、パラシュートとスカイクレーンの操作によって行われた。
ローバーの着陸は、パラシュートとスカイクレーンの操作によって行われた。 / Credit:NASA

火星探査機「パーサヴィアランス」は、NASAのジェット推進研究所の時計で2月18日午後3時55分に火星への着陸に成功しました

これは日本時間では2月18日午後5時55分のことです。

火星着陸後のパーサヴィアランスの公式Twitterは、「I’m safe on Mars. 」と無事火星についた報告をツイートしています。

「パーサヴィアランス(Perseverance)」は、日本語にすると忍耐力を意味する言葉で、彼はこのあと、火星に残る古代の生命の痕跡を根気よく探すことになります。

パーサヴィアランスの着陸地点はジェゼロクレーターと呼ばれる地点です。

ジェゼロクレーターは35億年以上前、火星がまだ水に溢れていた時代に川の水が流れ込んで湖になっていたと考えられている場所です。

ここはもし古代の火星に生命がいた場合、非常に理想的な環境だった可能性が高く、ここの堆積物から古代の微生物の痕跡が発見できるかもしれないのです。

クレーターの幅は45kmあり、ここには着陸時に危険が伴う丘や岩場、クレーターの壁などの地形が多数存在しています。

パーサヴィアランスの着陸予想範囲は、下の地図の青い円内のどこかでしたが、探査機は見事予想円のど真ん中の、非常になだらかで安全な地点に着陸しました。

もし、危険な地形に落ちたっていたら、ミッションは開始時点からかなり困難なものになっていた可能性があります。

NASAの職員が着陸成功に歓喜したのも当然でしょう。

その後、パーサヴィアランスは降り立った火星の地を映す最初の画像を送信してきました。

パーサヴィアランスが最初に送信した火星の高解像度カラー画像。
パーサヴィアランスが最初に送信した火星の高解像度カラー画像。 / Credit: NASA/JPL-Caltech

まるで地球の荒野と変わらないなだらかな景色。これが、火星探査機パーサヴィアランスの下側にあるハザードカメラ(Hazcams)から送信された最初の火星のカラー画像です。

本当にいい場所に降り立ったようです。

パーサヴィアランスは、過去の微生物生命の兆候を、火星の岩石や土壌のサンプルから探します。

このために地面を掘削して地質試料を採取するドリルを初めて搭載した探査機です。

一連の動作をアニメーションにしたのが下の動画です。

ここで採取された試料は、今後ヨーロッパ宇宙機関と協力によって、地球へ持ち帰ることも計画されています。

成功すれば、人類史上初めて火星から持ち帰られたサンプルということになります。

そのとき初めて、人類は地球以外に存在した生命の兆候を見ることになるのかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!