一見普通の木に見えるが、これは何十万年も前の木の化石。
一見普通の木に見えるが、これは何十万年も前の木の化石。 / Credit:NSF UVM Community Cosmogenic Laboratory(You Tube)
geoscience

グリーンランドの氷床から「生きているような」植物の化石が次々見つかる (2/2)

2021.03.17 Wednesday

UVM scientists stunned to discover plants beneath mile-deep Greenland ice(University of Vermont) https://www.uvm.edu/uvmnews/news/uvm-scientists-stunned-discover-plants-beneath-mile-deep-greenland-ice
A multimillion-year-old record of Greenland vegetation and glacial history preserved in sediment beneath 1.4 km of ice at Camp Century https://www.pnas.org/content/118/13/e2021442118

まるで生きているかのような植物の化石

この堆積物を顕微鏡で見た研究者たちは驚きました。

そこには、まるで昨日まで生きていたかのように見える植物の葉や枝などの破片が含まれていたのです。

一見普通の木に見えるが、これは何十万年も前の木の化石。
一見普通の木に見えるが、これは何十万年も前の木の化石。 / Credit:NSF UVM Community Cosmogenic Laboratory(You Tube)

これはまぎれもない化石ですが、たしかに拾ってきたばかりの小枝のように見えます。

通常床の経路にあるものは、粉砕されてしまって残りません。しかし、この試料は植物の繊維構造を完全に保存していました

これはグリーンランドに隠されたタイムカプセルのようなものだったのです。

石英に形成される宇宙線があたった痕跡を分析した結果、これらは過去100万年以内のものだということがわかりました

つまり、ほんの数十万年前までグリーンランドには厚い氷床はなく、草木の茂る大地だったのです。

別の枝の化石。こちらもまるで昨日まで生きていたかのような状態だ。
別の枝の化石。こちらもまるで昨日まで生きていたかのような状態だ。 / Credit:NSF UVM Community Cosmogenic Laboratory(You Tube)

これは過去温暖な時代だった間氷期でも、グリーンランドは凍りついていたという考え方を覆すものです。

グリーンランドの氷床は、地球の海面を約6m上昇させるだけの水を氷として保存していると言われています。

これが、温暖な時期には割と簡単に溶けてなくなってしまうというのは、温暖な時代への気候変動に直面している我々にとっては恐ろしい事実です。

研究者はこれは今後50年間で、グリーンランドの氷が失われる可能性のある緊急の問題だと語っています。

かつて頓挫軍事作戦の偽装で採取された研究資料は、驚くべき現代への警鐘となったようです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

地球科学geoscience

もっと見る

Special

注目pick up !!